オフロードバイクのメモ書き

鮮明な写真のブログ。出来る限りパソコンの大画面にて御覧下さい。

SP忠男パワーボックスエキゾーストパイプを CRF250L/M に取り付けた。

2018-01-15
Top Pageバイク・パーツ
今回はSP忠男パワーボックスエキゾーストパイプを CRF250M に取り付ける。

二つのネジを外しプロテクターを取り除く。
PC032007.jpg



右サイドカバーを外す。

先にエアクリーナーの蓋(緑矢印)を外し、ジョイント部バンドのネジへアプローチする。
PC032008.jpg
赤矢印、二つのネジを外す。



エンジン側フランジのネジを外す。
PC032012.jpg



そして純正エキゾーストパイプを外した。
PC032058.jpg



通常であればサイレンサー側のガスケットは純正エキゾーストパイプ側に付いたままで外れるが ・・・・・・・・・・・
PC032019.jpg
運悪くサイレンサー側に残ってしまった。



ということでサイレンサーを外すことにした。
サイレンサーはネジ1本で簡単に外れ、後々の作業がスムーズになるので、
面倒くさがらずサイレンサーは外した方がいいと思う。

パイプ内側にガスケットが残っている。
PC032015.jpg
PC032017.jpg
個人的にはガスケットを温存して再利用することを目論んだが、
緑矢印を見るとガスケットとパイプは完全に固着してるので
ガスケットを温存して外すのは無理と判断した。



仕方なくマイナスドライバーで強引に捏ねてガスケットを外した。
PC032027.jpg
案の定、ガスケットは潰れてしまった。



よって予備の純正ガスケットを買った。 1090円
PC152128.jpgPC152129.jpg



エンジン側には潰れた銅製ガスケットが残っている。
PC032022.jpg



こういう機会もなかなかないので奥を覗いておく。

残り、写真28枚。文字数1810です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

SP忠男パワーボックスエキゾーストパイプ CRF250L/Mを、じっくり眺めて見た。

2017-12-29
Top Pageバイク・パーツ
SP忠男パワーボックスエキゾーストパイプ。
CRF250L/M用の定番のチューニングパーツで、もはや説明するまでもないだろう。

今回はSP忠男パワーボックスエキゾーストパイプをじっくり観察してみた。
そしてちょっとした不備を発見したこと。
あとは純正エキゾーストパイプと比べ寸法を計測した。
以上をレポートしていく。



SP忠男の直販ではなくヤフーショッピングの通販にて購入した。
PB181789_20171214080643c64.jpg
PB181788_20171214080644d19.jpg



エキゾーストパイプ本体
PB181795_20171216083332def.jpg



同時にエンジン側のガスケットと液状ガスケットを購入した。
PB181822.jpg

予備として純正ガスケットも購入した。356円
PC152125.jpg

KITACOのガスケットと純正を比べた。左側がKITACO。
PC152126.jpg
バット見た感じ、変わりない。
ノギスで計測すると、直径48.0ミリ、厚さ4.1ミリ。
ガスケットは中空構造でクッシャっと2ミリ前後まで潰れて密閉効果を発揮する。



さあ、エキゾーストパイプ本体をじっくり見てみよう!
PB181816.jpg
ステンレスの輝きが眩しい。



湾曲部 価格からして手曲げではなく機械曲げだろう。
PB181827.jpg



ガスケットがパイプ本体に直接溶接されている。
PB181811.jpg



フランジ 厚さは計測してないが、かなり分厚い。
PB181824.jpg
フランジは美しい輝きのステンレス製かと思いきや実は鉄である。 鉄にメッキしてある。
PB181819.jpg
「MADE IN JAPAN」 のロゴも最近見る機会が少なくなった。


残り、写真25枚。文字数1403です。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?

売れ筋の冬用バイクジャケット、コミネ JK-586 コンフォートウィンタージャケット-フワ を買った

2017-12-11
Top Pageバイクウェア類
初めての冬用バイクジャケットとしてコミネ JK-586 を買った。
コイツは、たくさんのコミネ冬用ジャケットの中で実売価格は最安値だと思う。
P9177799.jpg
届いたジャケットのパッケージを持ち上げてみると凄い量で昔のダウンジャケット並みかな。
そして結構重さもある。



大きなタグ
P9177823.jpg
XLサイズを選んだ。
P9177824.jpg



コミネ JK-586 の色は3種類ありカモフラージュ色を選んだ。
P9177800.jpg
P9177803.jpg
個人的にはネットで見た商品の色と印象が随分違う。 ずっと渋い色合いだと思う。



前チャックを開けてみる。
P9177806.jpg



インナーを取り外してみた。
P9177807.jpg



ロゴなど
P9177821.jpg
P9177822.jpg



前チャックの外側はマジックテープで留める。
P9177819.jpg
P9177820.jpg
マジックテープを留めると、こんな感じ。
このマジックテープは強力な粘着力で脱衣する時は結構、指に力を入れて剥がさねければならない。

個人的にはマジックテープで留めるタイプではなく防水タイプのチャックのみでもいいのではないかと思った。
まあ、チャックが見えない方がデザイン的にはスッキリするが ・・・・・・・・・・・・・・・・・



ポケットのチャックは防水タイプ。
P9177817.jpg



袖口には、袖口の大きさ調整するためのマジックテープが付いている。
P9177816.jpg
絞めずにそのまま着るのがカッコいいような気がする 。
そう考えると、一種の形というかカッコよく魅せるデザインかと思っていたが ・・・・・・・・・・・・・

襟口の小さい手袋を着用時、手袋の襟をジャケットの袖口で覆い、
このマジックテープでキュッと締めてみたら、腕の防寒効果絶大であった。
ということで袖口を調整するマジックテープは冬用バイクジャケットにとって必須アイテムであろう。



背中、肩、肘のパッド。
P9177813.jpg
P9177815.jpg
CE規格ということでしっかりした作りだ。



着脱式のインナー
P9177809.jpg
P9177812.jpg
春秋ジャケットのインナーとは違い、緑矢印部分で更に防寒性を高めてるんだろう。
冬用ジャケットなのでマメな作りだ。
P9177810.jpg



購入したサイズはXL(当方のワイシャツのサイズは41-84)
PB231910.jpg
普通に着ると腰丈はちょうどいい感じ。袖丈は上の写真の通り親指の付け根付近なので、ちょっと長い。
が、バイクに乗ってハンドルを握ると袖が5センチ後退し丁度いい感じになる。
結果的に、この長さだと防風に対する手袋との連携も調整しやすい。
よって冬用バイクジャケットを検討する場合、袖丈が短いと防寒性が落ちるので、
特に袖丈は慎重に選んだ方がいいと思う。

既に数回使ってみたが防寒性、着心地はまずまず。
他の冬用バイクジャケットを着たことがないので正確な評価はできないが、
冬用バイクジャケットとしては実質価格10000円ちょっとで手頃でいいんじゃないかと。
そしてネットのイメージとはちょっと違ったカモフラージュ色が非常に気に入った。
ユニクロの服まではいかないが、売れ筋のバイクジャケットなので同型・同色の人に逢うかもしれない。
その辺がちょっとネックかな ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.