オフロードバイクのメモ書き

« 前のページ   次のページ »

デイトナホットグリップをじっくり見てみた

2017-01-10
Top Pageパーツ
昨年11月、冬用グローブを買ったが極端に寒い日は指先が痺れる。
ここは思い切ってグリップヒーターを付けることにした。
CRF250L/M にはホンダ純正グリップヒーターがあるが、2万オーバーとやたら高い。
Amazonで調べると、キジマとデイトナが売れ筋で評判もよく無難そう。
一方、CRF250L/M のグリップサイズは120でもなく130でもない125ミリ。よって125ミリのないキジマは却下。
予算の関係もあり、ここは一番シンプルなデイトナ ホットグリップ スタンダードタイプ(全長125mm)/エンド非貫通 77078を購入した。
PC085194.jpg
PC085195.jpg
PC085196.jpg



パッケージ中身
PC085197.jpg



左グリップ
PC085198.jpg
PC085199.jpg
赤矢印の通り、グリップは一体構造ではなく2層構造になっている。
ハンドルに接する側の材質は一体なんなんだろう。
少なくともゴムではなさそう。通常の接着剤よりも強力なものにした方が良さそうだ。



右グリップ
PC085200.jpg
左右グリップ共、表面はヌルヌルしておりワックスのようなものが付着してる感触であった。
またグリップ内側は埃まみれで、説明書の指示通り、内側をパーツクリーナーでしっかり清掃しておいた。



結束バンドなどその他付属品
PC085203.jpg

スイッチ パイロットランプなどはなく極めてシンプルなもの。
PC085201.jpg

アースハーネス
PC085202.jpg



配線図 小学校の理科に出てくるような単純な直列回路。これなら誰でもわかるだろう ・・・・・・・・
856412.jpg



CRF250L/M はライトカウル内にあるHM090型防水コネクターから容易に電源が取り出せるという情報をゲットしたので、
デイトナ HM090型防水コネクターセット 2極を用意した。
PC105209.jpg
PC105210.jpg



あと純正スロットルチューブは凸凹があり、グリップヒータが入りにくいのでZETAスロットルチューブ非貫通型を購入した。
PC105206.jpg
PC105207.jpg
PC105208.jpg



試しにZETAスロットルチューブに右グリップを挿入してみたところ、容易に出し入れできる。
これだけスッポンポンだと強力な接着剤が必要だろう。
PC105211.jpg
PC105212.jpg



デイトナ ホットグリップの消費電力を測定した へ続く

セロー250にLEDヘッドライトを取り付けた

2016-11-08
Top Pageパーツ
セロー250にLEDヘッドライトを取り付けるために下調べ からのつづき。



セロー250ヘッドライト後方のスペースが殆どないため、電源部のコンパクトなLEDヘッドライトを購入した。
結局買ったのは下記の製品。 現在3580円で売っている。
shou-tou_ledbul-00003-3_4.jpg



パッケージはこんな感じ。
P6163812.jpg
P6163813.jpg
消費電力はLowビームで20W、Hiビームで28W。 純正ハロゲンに比べ大幅な省電力となる。
P6163814.jpg
P6163815.jpg



付属のフィルムを貼って色温度を変えることができる。
P6163816.jpg
僕の場合は青色も黄色も好みじゃないので、フィルム無しで使うことにした。



LED本体
P6163817.jpg
P6163818.jpg



CREE社製チップ Xlamp XM-L2 LED を3個搭載する。
P6163824.jpg
ロービームで2個、ハイビームで3個点灯する。



裏面はLEDチップはなし。
P6163819.jpg
P6163820.jpg



電源部はアルミ製
P6163825.jpg
P6163822.jpg
P6163828.jpg



LED本体の各寸法を測定した。
P6163826.jpg
台座から頂上まで 46.6ミリ
台座から底まで 34ミリ
台座から窪んだ部分の長さ 14ミリ
底の直径 49.7ミリ




取り付けにかかる。

まずH4バルブを取り除く。
P6173835.jpg
P6173834.jpg



台座を取り付ける。
P6173836.jpg



ゴムカバーを取り付ける。
P6173838.jpg

ゴムカバーをできる限り押し込んだ。
P6173839.jpg
この状態でLED本体を挿入してみたが、窪み部分の長さ(14ミリ)が小さすぎて物理的に挿入は不可能。



ということでゴムカバーを外して取り付ける以外方法がない。防塵目的にてサランラップで覆い、周囲をビニール紐で縛った。
P6193879.jpg



LEDを取り付けた。
P6193885.jpg
P6193881.jpg
実際に走行してみてLowビームは純正に比べ随分明るくなった。
Hiビームは使えないことはないが、光が拡散してイマイチ。

他の人の記事や、今回、電源部がコンパクトなタイプのLEDでもゴムカバーが付けられなかったことを考えると、
今のところ、セロー250に問題なく取り付けれるLEDヘッドライト ( H4と全く同じ形のLEDは除く ) は、たぶんないだろう。
ただ、このLEDは3580円で純正ハロゲンよりも明るくコストパフォーマンスは高いと思う。
あと、今回の交換でCREE社製チップ Xlamp XM-L2 チップの明るさも体感でき、
2個 ・Lowビームで純正より遥かに明るいことも確認できた。

セロー250にLEDヘッドライトを取り付けるために下調べ

2016-11-01
Top Pageパーツ
ヘッドライトユニットを外す
P6103770.jpg
P6103771.jpg
P6103772.jpg

ゴムカバーを取り外す。
P6103774.jpg

H4ハロゲンを取り外す。
P6103775.jpg



H4ハロゲンの各寸法を測定
P6193878_20160622064818d24.jpg
左から22ミリ、25ミリ強、12ミリ強、53ミリ



もう一度、H4ハロゲンとヘッドライトユニットの位置関係をチェック。
P6103784.jpg
P6103789.jpg
P6103791.jpg

ゴムカバー
P6103790.jpg



車体側の方もチェック。
P6103798.jpg
P6103792.jpg

ソケット後方のスペースが殆どないのでコンパクトなLEDしか装着できないようだ。
P6103807.jpg



以上を考慮しヤフーショッピングにて以下のLEDを買うことにした。
shou-tou_ledbul-00003-3.jpg



セロー250にLEDヘッドライトを取り付けた へつづく

イリジウムプラグをセロー250に導入した

2016-08-09
Top Pageパーツ
今回はセロー250にイリジウムプラグを導入した。
イリジウムプラグの形式名は NGK イリジウムIXプラグ DR7EIXP7223981.jpg
P7223982.jpg
P7223983.jpg
P7223984.jpg
P7223988.jpg



交換作業に取りかかる。

交換前
P7233995.jpg
P7233996.jpg
P7233999.jpg
P7234000.jpg

イリジウムプラグを挿入(走行距離5128kmで交換)
P7234006.jpg



デフォルトのプラグ ( NGK DR7EA )
P7264009.jpg
P7264013_20160807084949766.jpg
先端の焼け具合をチェックしてみた。 こんな焼け具合でいいんだろうか ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ???



期待したイリジウムプラグ交換後の走りは変わらない。
始動性、パワー、燃費とも変化なし。
交換前も不具合は無く調子も良かったので変化を感じ取れないのかもしれない。

SHAD SH33 トップケース をセロー250に装着した

2016-07-26
Top Pageパーツ
セロー250 を購入直後からリアキャリアにホムセン箱を付けてたが、
空気抵抗が大きく、特に強風時に風に煽られるためバイク専用のトップケースを装着することにした。
買ってきたのは SHAD SH33
P7093956.jpg
P7093958.jpg



付属してる説明書は横文字のもののみ。 取付け方法に関しては、ホームページの説明書を見たほうがわかりやすい。
58469325_20160717080034edf.jpg
25684713_2016071708020130c.jpg

P7093959.jpg
P7093960.jpg
P7093961.jpg
P7093962.jpg
P7093963.jpg
ケース本体のみの重さは2.4キロ、ベースプレートと化粧カバーを含めた(ネジ、金具は含まない)2.8キロであった。



ベースプレートと化粧カバー
P7093966.jpg

ネジ、金具類。
P7093965.jpg
部品の数も少なく、これなら説明書を見なくても付けれそう。



できる限り空気抵抗を少なくするためDAYTONA デイトナ マルチウイングキャリアの前側に付けようとしたが、
緑矢印の穴はベースプレートの升目に合わず、赤矢印の4箇所の穴に取り付けるしかなかった。
あと、このタイプのキャリアは金具は必要なくネジのみで取り付けることができた。
P7093969.jpg
P7093971.jpg
P7093973.jpg
ベースプレートと化粧カバーを取り付け、トップケースをベースプレートに嵌めこみ難なく完成かと思われた。
しかし何回試みてもトップケースがベースプレートに完全に嵌らず、
途方にくれベースプレートと化粧カバーに問題ないか確認すると、
化粧カバーが微妙に浮いており(赤矢印)、プラスチックハンマーで叩きキッチリ嵌め込むと、
トップケースがベースプレートに完璧に嵌った。
P7093974.jpg



取付け完了
P7093976.jpg
シートの前側に座るので、乗車している人とケースの間に大きな空間ができてしまう。
もう10センチでも前側にケースを取付けできれば、空気抵抗をさらに減らすことができるんだが・・・・・・・・・・・・・・・・・
P7093977.jpg
P7093978.jpg
P7093979.jpg
SH33 を取付け走行してみると、強風時の横揺れは激減。
今回の体験を通して、如何にホムセン箱の空気抵抗が大きいか痛感した。

ホムセン箱は、表示容量28リットルで SHAD SH33 トップケース の33リットルよりも小さいが、
SHAD SH33 のように真ん中で開閉する蓋でなく、上部部分の蓋で開閉するのでケースとして使い勝手はよく、
体感的に使える容量も SHAD SH33 よりも大きい。
しかし空気抵抗による走行性能の低下が大きいのでオフロードバイクのケースとしては良くないと思う。



ホンダ乗りさんから御指摘あり
SHAD SH33とデイトナキャリアでボルトのみで装着しようと、バイクのど真ん中に装着できません。
要注意です。


関連記事 SHAD SH33 トップケースを純正フィッティングキットを使って CRF250L/M に装着した

KIJIMA クラシックミニ・グリップへ交換

2016-07-01
Top Pageパーツ
セロー250の純正グリップが細いので交換することにした。 買ってきたのはKIJIMA クラシックミニ・グリップ
P4132898.jpg
P4132900.jpg
P4132908.jpg
P4132904.jpg
P4132907.jpg
P4132910.jpg
P4132903.jpg
P4132913.jpg





取付け前
P4152919.jpg
P4152923.jpg



割り箸を食い込ませて元グリップを取り除こうとしたがビクともしなかった。
P4152926.jpg
やはりエアガンがないとどうしようもない。 結局、元グリップをカッターで切って取り除いた。

薄く写っているのは接着剤
P4152931.jpg
P4152937.jpg



ゴム系接着剤をハンドルに塗り、速攻NEWグリップを挿入した。
P4152939.jpg
P4152941.jpg
元グリップの直径 左側3.10センチ
       右側3.15-3.20センチ
NEWグリップの直径 左側3.40-3.45センチ
         右側3.45-3.50センチ

交換前に比べ、グリップは0.2-0.3センチ太くなっただけだが、実際に握ってみると結構違うもんだ。 大分握りやすくなった。

NEWING USB Station2 をセロー250に取り付けた。

2016-06-19
Top Pageパーツ
ハンディGPS OREGON600 の電源用に NEWING USB Station2 を購入した。
P5203541.jpg

説明書はパッケージ裏面に書いてあるのみの簡素なものであった。
P5203544.jpg

電源の取り出しは、一番楽なヒューズから取ることにした。
P5203542.jpg



USB Station2 パッケージの中身。 赤矢印が壊れやすいコンバータ。
P5203545.jpg



クワ型端子側のコードが長過ぎるので、セロー250に合わせ、プラス側、マイナス側クワ型端子側のコードを適量カットし、
プラス側にはギボシ端子を付けてヒューズ電源を接続し、マイナス側には新たにクワ型端子(緑矢印)を付けた。
P5213574_20160604080526f2d.jpg
P5213575_20160604080525d48.jpg



シートを取外し、右側のプラスッチクカバー、すべて外した。
バッテリー側から順番に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
P5213552.jpg
P5213554.jpg
P5213555.jpg



ヒューズボックスからプラス電源を取る。
P5213556.jpg
用意したのは10Aのヒューズ電源なので、まずは 『 SIG 』 からプラス電源を取ることを試みた。
P5213558.jpg
10Aのヒューズを抜き取り、テスターにてプラス極とマイナス極を調べると、
P5213560.jpg
赤矢印がプラス極で緑矢印がマイナス極であった。 そして、もちろんキーOFFの時にプラス極の電気が切れることも確認した。



ヒューズ電源の説明書通り、ヒューズ電源の赤コードが付いてる側を、先程テスターで調べたプラス極に差し込む。
P5213570.jpg
で、ここで落とし穴に気が付いた。差し込んだヒューズの高さと、ヒューズボックスの蓋の高さがほぼ同じなので、
ヒューズ電源のコードを収納して蓋をキッチリ閉めることは物理的に無理だ。
そして、このままだと蓋の支点近くにコードが位置するので、蓋の閉まりが更に悪くなる。
よって、 『 SIG 』 から電源を取ることを止めて、
少しでも支点から離れてる、もう一つのヒューズボックスの 『 IGN 』 から電源を取ることにした。
P5213572.jpg
先程と同様にテスターでキーOFFの時に電気が切れることを確認し、赤矢印がプラス極であった。
P5213581.jpg
そして、このプラス極にヒューズ電源の赤コードが付いてる側を差込み、プラス電源は完成した。



一方、マイナス電源はバッテリーのマイナス極から直接取ろうとしたが、マイナス極のカバーが邪魔なので、
赤矢印のネジがアースになっているかテスターで確認したら、全く問題なかったので、ここからマイナス電源を取った。
P5213578.jpg
P5213579.jpg



ヒューズボックスは閉まらないのでサランラップで巻いて、外からタイラップで軽く締めといた。
P5213589.jpg
後はUSB電源コードを写真の通り、フレームに沿って這わし、適宜タイラップで固定した。
P5213590.jpg
P5213591.jpg
熱に弱いコンバーター(赤矢印)は、できる限りエンジンから遠ざけるように工具袋の上にタイラップで留めといた。
この場所なら、ハンドル上までとはいかないが、走行中に前方から、多少の外気が当たり冷やされるだろう。
P5213593.jpg
P5213594.jpg
P5213595.jpg
P5213597.jpg
これでバッチリ、USB電源が完成した。



これで OREGON600 のバックライトも常時点灯可能になった。
P6173848.jpg

コミネ AK-109 3Dエアメッシュシートカバー をセロー250に装着した

2016-06-10
Top Pageパーツ
セロー250の長時間のライディングではお尻が蒸れるので定番コースのコミネ AK-109 3Dエアメッシュシートカバー を装着することにした。
通常、オフロードバイクには Slimサイズが適合かと思われるが、アマゾンのレビューを参考にXLサイズを選んだ。
P5203531.jpg



表面
P5203532.jpg

裏面
P5203533.jpg
コミネの兄弟商品、AK-107 とは違い2重構造になっている。 よって一見、 AK-109 とAK-107 は同じようにみえるが値段は全然違う。
P5203534.jpg



2重構造のそれぞれに滑り止め加工されている。
P5203535.jpg
P5203536.jpg
P5203537.jpg
P5203539.jpg
P5203540.jpg



ツーリングシートに取り付けた。
P5203546.jpg
シートに比べAK-109が大き過ぎて、前と後側はベルトで締めることができず、紐で締め付けた。
P5203547.jpg
P5203548.jpg
P5203550.jpg
P5203551.jpg



装着完了。
P5223598.jpg
P5223600.jpg
P5223601.jpg
P5223602.jpg
使ってみて効果は絶大!!
全く蒸れない。 そして2重滑り止め加工のお陰で全くずれない。
そして、AK-109の厚みでシート高も5ミリ前後上がり、足首・膝関節の窮屈さが緩和され、さらに楽になった。

セロー250 ツーリングシートを装着した

2016-06-07
Top Pageパーツ
セローで長距離のオンロード走行する → ケツが痛くなる
というお決まりのコースになってしまったのでツーリングシートを購入した。
P4293173.jpg
P4293175.jpg
P4293174.jpg
P4293177.jpg
P4293178.jpg
P4293179.jpg
P4293181_2016060121532646b.jpg
重さは1.5キロであった。



取付け完了

装着前
P4293184.jpg

装着後
P4293188.jpg



装着前
P4293185.jpg

装着後 タンクとシートの隙間が微妙に大きくなる。
P4293190.jpg



装着前
P4293186.jpg

装着後
P4293192.jpg



装着前
P4293187.jpg

装着後 シート後部の盛り上がりも大きくなる。
P4293195.jpg



取り外したノーマルシート
P4293197.jpg
P4293196.jpg
P4293199.jpg
P4293200.jpg
P4293201.jpg
P4293202.jpg
重さは1.3キロであった。

ケツの痛みは激減。
そしてブレーキ・シフトペダル操作時に足首・膝関節が窮屈であったが、これも非常にスムーズになった。
この2つの効果でオンロードの長距離走行が楽になった。

セローを買ってから知ったが、セローはオフロードバイクの中でもトライアル的なバイクで
スタンディングポジションが一番合うようにペダル位置が設計されてるみたいで、
それをオンロードのツーリングポジションで乗ること自体が、そもそもの間違いなんだろう。
まあ、・・・・・・・・・・・・ というようなブログもあり、僕もセローで長距離のバイク旅を計画しているが、
かなり疲れるかもしれない。

ZETA ピポットレバー CP 擬き?? をセロー250に装着した

2016-06-04
Top Pageパーツ
MTBでは2フィンガーのブレーキレバーで慣れてたので、セロー250の純正ブレーキ・クラッチレバーは長過ぎる。
ダートフリークのカタログを調べると、3フィンガーのZETA ピポットレバー CP が機能、見た目も良さそうなので買うことに・・・・・・・・
ヤフオクで安く出品してないか物色すると、正規品ではないがZETA ピポットレバー CP そっくりの品物を発見!!
価格も正規品の半値以下だったので、即、落札した。

7586.jpg



送られてきたのは、パッケージ無しの本体のみ。
P4022665.jpg





左(クラッチ)レバーをじっくりと見てみる。
P4022668_20160530080404ef0.jpg

P4022670.jpg

P4022673.jpg

P4022675.jpg

P4022676.jpg

P4022678.jpg

P4022682.jpg

P4022686.jpg

P4022687.jpg

P4022688.jpg

P4022690.jpg

P4022691.jpg



右(ブレーキ)レバー
P4022694.jpg

P4022695.jpg

P4022698.jpg

P4022699.jpg
ZETA ピポットレバー CP正規品があれば、見比べることができるんだが ・・・・・・・・・・・・・・・
擬き??か、どうかはわからないが表面加工は極めて美しく、個人的には十二分に満足!!



セロー250に取付ける。 まず左レバーを交換
P4092839.jpg
P4092860.jpg



右レバーを交換
P4092840.jpg
P4092848.jpg
P4092870.jpg
青色のレバーが冴える。
セローのヘッドライトが小さいため正面からのシルエットがしょぼかったが、
この青色のレバーで見映えが多少ましになったかも ・・・・・・・・・・・・





最後に取り出した 純正クラッチ・ブレーキレバーとZETA ピポットレバーCP擬き の長さを較べる。
P5313688.jpg

レバーの長さをどの部分で測ったらいいかわからなかったので、下記のポイントで計測した。
P4022665_20160531084628cf0.jpg
P5313689.jpg
純正クラッチ・ブレーキレバーは、共に15.6センチ。
ピポットレバーのクラッチレバーは13.4センチ、ブレーキレバーは13.0センチであった。
純正はクラッチとブレーキレバーは同じ長さなのに、
ピポットレバーはクラッチレバーの方が長い。 何か理由あるのかな??
実際に使ってみて、クラッチレバーがもう少し短いと使いやすいんだが ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.