オフロードバイクのメモ書き

バイク、自動車などの記事を書いてます

ナポレックス Fizz-1025 VTメータークロックを完璧??に取り付けた

2017-06-29
Top Page新型ワゴンR
新型ワゴンR MH55S には時計が付いてない。
僕の車はナビも付いてないので時計を付けることにした。
単に時計機能だけでは面白くないので、外内温度計・電圧計の付属したナポレックス Fizz-1025 VTメータークロック取り付ける。
P3305769.jpg

パッケージの中身全て
P3305770.jpg
手に持ってみると本体は想像以上にでかい。

説明書
Scan10001_20170529074011753.jpgScan10007.jpgScan10006.jpg



ナポレックス Fizz-1025 はコード類を表側に這わせると取り付けは極めて簡単。
しかし、それではみっともないので全てのコードを隠して取り付けることにした。



最初に本体の裏蓋を開けスピーカーコードを切断した。 警告音が鳴るとうっとしいので切断した。
P5136565.jpg
本体のプラスネジ6箇所を2種類の精密ドライバー ( No.0 ) で解いた。
No.00 や No.1 では舐めてしまうのでキッチリサイズの合うドライバーを用意しなければならない。
P5136564.jpg
スピーカーコードを切断した。



電源はシガーソケットではなくヒューズボックスから取るので、前車で使用していたエーモン E329 線付きソケット(メス)を使用する。
P5136566.jpg

VTメータークロックのシガープラグを【E329】線付ソケットに差し込んだ。
P5136567.jpg

エーモン【E329】線付ソケットのプラス側に、家にあったストックのミニ平型ヒューズコードを取り付けた。
P5136568.jpg



空の1din ボックスにVTメータークロックを取り付けることにする。
P3195740_20170602080228221.jpg




次は下準備としてナビ・オーディオAピラーとメーターパネルグローブボックスを外す。

1din ボックスの奥にコード類を通すため穴を開ける。
P5136591.jpg
P5136592.jpg
ジグソーなどの精密工具があれば楽なんだが・・・・・・・
周囲をドリルでぶち抜き、叩き落とした。 この部分は表から見えないので問題ない。



まずは外気温コードの配線を根回しする。
P5136599.jpg
ガイドワイヤーとして針金を使い外気温コードをセンターオーディオユニット → Aピラー → エンジンルームへと導いていく。
一見、簡単な作業に見えるが結構根気がいる作業だ。
P5136613.jpg
エンジンルームへは業者さんのように、運転席下側からエンジンルーム内に直接コードを這わせば一番スムーズだが、
技術的に難しいので運転席ドア側からエンジンルームへ這わすようにした。

エンジンルームと運転席側ドアを仕切っているパーツの隙間(赤矢印)にコードを通すことにする。
このパーツは2箇所のフック ( 橙矢印でもう1箇所は写真に写ってない ) で留められており、
橙矢印を半ロック状態にまで外すと赤矢印部分に隙間ができるので、そこにコードを通す。
もちろん、ここもガイドワイヤー代わりに針金を使った。
フックを完全に外すと非常に面倒なことになるので慎重に作業したい。
P5136609.jpg
P5226832.jpg
コードをエンジンルーム内に引き込んだ。 この写真はエンジンルームから撮影した。

ドア付近のコードは強力両面テープの上に接着剤をコーティングして緩まないように固定した。
P6036941.jpg

エンジンルーム内にコードを這わす。
P6036943.jpg



外気温センサーの位置!!
これが一番の悩みどころ。 説明書には例として 「ドアミラーの下 」 と書いてあるが、
僕の経験上、ドアミラーの下はボンネット・ボディの焼けた熱、エンジンの熱が舞い上がって来るので温度表示が高めにでることが多い。
トヨタのハイエースなど、ボンネットがない車ならドアミラー下もいいかと思うがワゴンRは小さいながらもボンネットはある。
よってエンジン本体やラジエーターからは近いが、低い場所、
つまり熱は上方向に舞い上がるので、バンパーの低い位置、ホーンの前に取り付けた。

P3185663_20170610095853ba7.jpg
P5226826.jpg



次は助手席側のヒューズボックスより電源をとる。
P5146644_2017060408292970f.jpg
新型ワゴンRのヒューズは一般的なミニ平型ヒューズと思い込んでいたが、開けてみると低背ヒューズであることが判明。
コーナンへ低背ヒューズ電源 を買いに行った。
P5146647.jpg
P5146650.jpg
※新たに低背ヒューズ電源を購入したなら、
半透明ケース内に合うヒューズ1Aを新たに購入し、元の5Aヒューズと交換する。
そしてエーモン【E329】線付ソケット(メス) を使わず、
VTメータークロックのシガープラグを切断して低背ヒューズ電源と直結した方が良かったかもしれない。
完璧に取り付けるならそうするべきだろう。



テスターにて10AヒューズかつACCで通電する箇所を探ったが見つからず、
仕方なしにエンジンONで通電するMTR(メーター)10AからVTメータークロックの電源をとった。
同時にソーラーパネルの電源をDOME2(室内灯)10Aからとった。(緑矢印)
P5146655.jpg

アース電源はグローブボックス裏からとり、ソーラーパネルの端子も重ねてネジ止めした。
P5146661.jpg



1din ボックスに時計本体を両面テープで貼り付け作業終了。
P5146683.jpg
御覧の位置に取り付けたので背面ボタンは一切操作できないし、
電池交換の際は本体をボックスから取り外すしかない。 1年に一回なので苦にならないだろう。
表示色は白色 or 青色を選べるが視認性のいい白色にした。



これが昼間時の状態。 噂通り暗い。 一応、白色だがやや橙色かかっているような気もする。
P5146662.jpg

光の反射状態によっては、こんな感じにも ・・・・・・・・・・・・・・・・・
P5146682.jpg
この状態になれば後席からの確認は難しい。



夜間はこんな感じ。
P6026937.jpg
はっきり見えるが、メーターライトに比べ暗い。



一方、車のキーを完全OFFにしても、昼間はVTメータークロックの表示は見えるので御安心を ・・・・・・・・・
夜間はもちろん見えない。



実際に使ってみて、個人的に一番気になる外気温計は ・・・・・・・・・・・・・・

外気温表示は夜間は極めて正確かと思われる。
一方、昼間、朝日・西日に向かって走ると、外気温センサーに日光が当たるので純正温度計に比べ1℃弱高めに出てしまう。
逆に太陽を背にして走行すると正確かと思われ、純正温度計とほぼ同じ値を表示する。
信号待ちの時はエンジンやアスファルト路面の熱で徐々に温度が上がっていく。
普通の信号待ちで1℃前後、幹線国道の長い信号待ちで西日に当たりながら停車してると3℃上昇することもある。
一方、純正温度計は信号待ちでも全く上昇しないので、その辺はこの製品のご愛嬌ということで ・・・・・・・・・・・
その代わり外気温表示は8秒更新で気温の変化は純正温度計に比べ鋭い。
山道で日向と日陰を交互に走ると刻々と温度が変化するので見てて面白い。

内気温計に関してはVTメータークロック本体が直接日光に当たらなければ正確な温度表示をしてくれるようだ。

電圧計は昼間走行時は12.0~12.6V 間を行き来することが殆どで13.0V以上になることは少ない。
夜間走行時は14.0Vを超えることもある。
ワゴンRはアイドリングストップ車なので、このような電圧変化になるのだろうか??

時計の電波受信は現在の1din ボックスの位置で問題なく受信している。

以上、ナポレックス Fizz-1025 VTメータークロックの取付レポートでした。
個人的には、本体が大きく存在感があり、正しい位置に外気温センサーを付ければ、ほぼ正確に表示してくれる。
画面表示はちと暗いが僕は気に入りました。
車内時計でお悩みの方、是非、ナポレックス Fizz-1025 VTメータークロックはいかがでしょうか!



その後、外気温センサーの位置を裏側に変えてみたが、最初と変わらない。 やはり停止時、西日が当たった時は上昇する。
P5286879.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.