オフロードバイクのメモ書き

バイク、自動車などの記事を書いてます

CRF250L/M に自作荷掛けフックを取り付けた

2017-04-27
Top Pageバイク・パーツ
今回はCRF250L/M に自作荷掛けフックを取り付ける。



まずはフックの材料をコーナンへ探しに行った。
P_20170211_135702.jpg
偶然願ってもない材料に巡り合えた!!!
アクリルベルト。 1メートル当たり148円。 2メートル購入した。
アクリル製であるが表面は程々に柔らかく綿のようにも思える。



最初にアクリルベルトをタンデムベルトと同じ箇所にネジ止めすることを考えてみた。
PB175085_20170426060947cfd.jpg
PB175087_201704260609485fb.jpg
しかしベルトに打ち込まれている金具様のパーツを入手する方法が思いつかないこと、
たとえネジ止め出来たとしても強度的に自信がもてないことから諦めた。



そこでサブフレームにアクリルベルトを結び荷掛けフックを作ってみることにした。
PA234793.jpg



荷掛けフックは車体後方へ引っ張られるので、取り付け可能な箇所は以下の3パターン(桃丸印、赤丸印、緑丸印)になる。
P3195710_20170424075357f40.jpg



今回は3パターンのうち赤丸印に荷掛けフックを結ぶことにした。

まずは左側。
P3195713.jpg
紐の長さは試行錯誤の上、上の写真ぐらいが一番いいようだ。
長いと不格好だし、短いと荷物ロープが引っかかりにくくなる。

左側と同じ長さになるように右側も結んだ。
P3195719.jpg
このままでも緩まないだろうが万全を期して結び目にゴム系接着剤をたっぷり浸み込ませた。
P3195721.jpg
これでまず緩むことはないだろう。



結び目の位置を整えシートを取り付け作業完了した。
P3195725.jpg
P3195726_20170408080441816.jpg
P3195729.jpg
P3195727.jpg
P3195728.jpg





コンテナボックスを荷掛けフックとキャリアパイプ間にゴムロープを架け止めてみた。
P3195732.jpg
P3195734.jpg
この位置にコンテナボックスを入れると整流効果がよくなり高速時のふらつきが多少ましになる。
トップケース単独では高速時が不安定になる。

写真では腰とコンテナボックスが接触してるように見えるが、実際には2~3センチの隙間があり丁度いい感じ。
ただ極端に肥えてる人にはどうだろうか ???
P3195735.jpg

荷掛けフックとゴムロープ
P3195736.jpg
荷掛けフックはタンデムベルトが通るシート凹部分から出て見た目もいい。
荷掛けフックに強い負荷がかかっても、丁度、シートのフック直下なのでシートが歪むこともない。
今回は赤丸印で紐を結んでみたが桃丸印、緑丸印でも可能なので、その辺はお好みで ・・・・・・・・・
( ※※緑丸印で結んだ例 

キャリアパイプとゴムロープ
P3195738.jpg

ちなみにコンテナボックスはゴムロープが引っかかるよう四箇所、ディスクグラインダーで溝を作った。
P4225882.jpg
P4225883.jpg
P4225885.jpg
ディスクグラインダー削りぱっなしの状態では表面がザラザラなので、ヤスリで表面を滑らかにしておいた。





タフザック60 を取り付けた。
P7307298.jpg
P7307304.jpg
P7307299.jpg
P7307300.jpg
P7307301.jpg
この位置にフックがあるので荷物が非常に安定する。



この自作荷掛けフックは大きな荷物を積むときに留めやすい。
平べったい赤色の紐なのでカモフラージュされ目立たない。
万が一転倒してもフックでケガすることはない。
この三拍子揃った荷掛けフックはキャンプツーリングで大いに役立つだろう。 (o^。^o)

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.