オフロードバイクのメモ書き

デイトナホットグリップをCRF250Mに取り付けた。そしてHM090型防水コネクターについて

2017-01-24
Top Pageパーツ
今回はデイトナホットグリップをCRF250Mに取り付ける。
そして作業の中で一番苦労したHM090型防水コネクターについて詳細にレポートする。



CRF250Mのライトカウルを外すと右側にHM090型防水コネクターがあり、ここから容易に電源が取り出せる。
PC115225.jpg

結束バンドを外してビニールカバーを手繰り上げるとHM090型防水コネクターが見えてくる。
PC115228.jpg



HM090型防水コネクターのキャップを外して、端子をチェック。
PC115230.jpg
PC115231.jpg
間違い防止のため車体側HM090型防水コネクターの緑色コード ( ホンダ車は緑色コードがマイナス極 ) を確認し、
デイトナHM090型防水コネクター2極のアース側にマジックで印を付けた。
PC115235.jpg



そして、次は一番苦労したHM090型防水コネクターのターミナルMにハーネスを取り付ける。
P1095537.jpg
緑矢印2か所でハーネスをカシメる。
桃矢印はターミナルMを留めるためのストッパーで、間違ってもここでカシメてはならない。 ( ※失敗例

先にハーネスにワイヤーシールを通し、被覆を5ミリ剥く。
P1095533.jpg

ワイヤーシールと被覆の断端を揃える。
P1095536.jpg

ターミナルMにハーネスを合わせる。
P1095538.jpg

手前側をワイヤーシールごとカシメる。
P1095539.jpg

導体部分をカシメる。
P1095542.jpg
これでターミナルMへのハーネスの固定が完了。
カシメる力が強過ぎるとハーネスの曲がりがきつくなるので程々の力が必要 ・・・・・・・・
この辺は慣れが必要だろう。

この方向でターミナルMをコネクターに挿入する。
P1095545.jpg
ターミナルMを更に押し込むと、 『 カッチ 』 と非常に小さな音が鳴るので、この音を聞き逃さないように ・・・・・・・・
この音が、ターミナルMのストッパーがコネクターに完全に食い込んだサインである。

プラス極側も同様に行いコネクターが完成した。
P1095546.jpg
P1095547.jpg
HM090型防水コネクターの扱いは慣れれば簡単だが、バイク屋でもなければ、このような機会はめったにないので慎重に作業したい。



車体側HM090型防水コネクターに接続完了。
P1095551.jpg





次は純正左グリップを外す。
PC155253.jpg
パーツクリーナーとシリコンスプレーを駆使したが僕の力では無理。 カッターナイフで切断して外した。



次は純正スロットルチューブごと右グリップを外す。
PC155251.jpg
PC155254.jpg



エンジン側のアクセルワイヤーを止めてるネジを一時的に外しアクセルワイヤーを緩めスロットルチューブを外す。
PC175292.jpg
アクセルワイヤーは赤矢印と緑矢印の2箇所で固定されており、どちらか一方を外すとワイヤーが緩む。



取り外したスロットルチューブ
PC155263.jpg

アクセルワイヤー
PC155264.jpg



すり抜け性能をアップさせるため、この機会にハンドルを左右1.5センチづつカットすることにした。
PC155266.jpg

切断面をヤスリで整え、切断完了。
PC155267.jpg



さあ、 『 あとはホットグリップを取り付けて終わり 』 と安堵したところで落とし穴が ・・・・・・・・・
スロットルチューブが誤って抜けないように、純正ハンドルに穴とワイヤーボックスの止め金具に突起物があることが発覚。
以前、左右のスイッチボックスの角度を調整する時にボックス内の突起物を半田ごてで強引に取り除いたが、
ここにもあるとは・・・・・・・・
PC155271.jpg
PC155269.jpg

ハンドル左右1.5センチカットしているので突起物を取り除くしかない。
触った感じ、外側のケースと突起物は一体のようなのでディスクグラインダーを使って突起物を削り取った。
PC155272.jpg
幸い、突起物は鉄でなくアルミだったので簡単に削れた。



スロットルチューブを固定した。
PC155274.jpg



次はグリップを接着した。
前にも述べたとおりホットグリップの接着剤は強力なものがよさそうなので、家にあったウルトラ多用途SUを使った。
PC175294.jpg
寒い時期の作業だったので接着剤の固着に48時間待った。



すべての作業が完了した。 左グリップ。
P1075476.jpg
PC175305.jpg



右グリップ
P1075478.jpg
P1075482_20170108091046fed.jpg
グリップ根元部分(緑丸印)のコードが断線しやすいので、赤丸印部分にかなり余裕をもたせた。
美しく仕上げるなら、赤丸印部分は短いほうがいいんだが ・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕方あるまい。



スイッチボックスは雨に濡れない場所に取り付けなければならないのでライトカウル内側に取り付けた。
P1075471.jpg
P1075473.jpg



余ったコードを収納する場所がない。とりあえずメーターボックスとハンドルの間に詰め込んだ。
PC175303.jpg
これでデイトナホットグリップの作業が終了した。

デイトナホットグリップの効果 へ続く

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.