オフロードバイクのメモ書き

デイトナホットグリップの消費電力を測定した

2017-01-16
Top Pageパーツ
まずはデジタルマルチメータCD772を使って左右グリップそれぞれの抵抗値を測定した。
PC105213.jpgPC105214.jpg
結果は左グリップ2.8Ω、右グリップ3.1Ωであった。
ただどちらの値も安定せず、測定中2.6~3.1Ωの間を絶えず彷徨っていたので2.8Ωと3.1Ωはあくまで参考値ということになるだろう。

そして、この抵抗値から消費電力を求める。
オームの法則により電圧=電流×抵抗値なので

電流=電圧÷抵抗値

よって消費電力=電流×電圧=電圧×電圧÷抵抗値

全体の抵抗値は左右グリップを直列につなぐので、2.8+3.1=5.9Ω

電圧12Vの時は、12×12÷5.9=24.4W

実際の使用時において電圧12Vはありえないので、とりあえず定格電圧(13.8V)で求めると、

13.8×13.8÷5.9=32.28W





次に、実際に使う配線と同じように左右グリップ、スイッチ、アースハーネスを組んで直流電源DM-310MVで電圧をかけ、
電流値を測定し同時にホットグリップの動作確認を行った。
そして、その電流値から消費電力を求める。
PC105217.jpg
電圧をかけると時間差なく左右グリップが熱くなってきた。
素手で触ると熱いコーヒー缶の突き刺すような熱さではなく、ゴムから伝わる柔らかい温もりであった。



電流値の結果は御覧の通り
PC115222_20170113073754d8c.jpgPC105218_2017011307375206c.jpg
電圧12Vの時は2.010A、定格電圧13.8Vの時は2.313A

消費電力=電流×電圧なので、

電圧12Vの時は、電流×電圧=2.01×12=24.12W

電圧13.8Vの時は、電流×電圧=2.313×13.8=31.92W


先程、抵抗値の実測値から求めた消費電力と、ほぼ一致する。
デイトナホットグリップ スタンダードタイプ 全長125mm 77078 の消費電力のカタログ値は17Wなので、
今回の測定値31.92Wとはかけ離れており、仮に電圧が12Vだとしても24.12-17=7.12Wの差がある。
この理由はわからない。
グリップが十分温まれば自動的に消費電力が下がる機能があるのかもしれないが、
今回の短時間の測定中に電流値が変化する兆しはなかった。

デイトナ ホットグリップをCRF250Mに取り付けた。そしてHM090型防水コネクターについて へ続く

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: offroadbike)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.