オフロードバイクのメモ書き

バイク、自動車などの記事を書いてます

CRF250M の納車 ( セロー250より乗り換え )

2016-10-28
Top PageNewバイク紹介
納車日 2016年10月20日



本年4月、初めてのバイクにセロー250を選んだ。
しかしダート林道はほとんど行かずアスファルトツーリングのみに使用していた。
さすがに舗装路オンリーだと、セローは辛い。
まあ、そういうことを冷静に考えるとオンロードバイクがベストだが、
舗装路でも、3ケタ国道、いわゆる酷道ツーリングが好きなので、
ガチガチのオンロードよりもサスにある程度ストロークがある方がいい。
そして、昔からオフロードバイクの派手な形が好きなので、
その両方を満たすモタードにすることにした。
そして、モタードの中でも足つきが比較的マシで値段の安いCRF250Mに乗り換えた。

車台番号 MD38-1202***
PA204523689.jpg
PA204688_201611242014129f5.jpg


エンジン
PA204695.jpg
PA204699.jpg
同じ排気量でも、DOHCはSOHCに比べ大きい。
PA204727.jpg
PB034971.jpg
PB034973.jpg
PB034974.jpg
PB034976.jpg
PB034986.jpg
水冷なので配管など何やら構造が複雑だ。 洗車は少し面倒臭くなるかも。



ラジエーターは左カウル下のみにある。 右カウル下にはない。
PA204701.jpg
PA204708.jpg
10月後半に入って涼しくなってきているにもかかわらず、
当日、バイク屋から走って家に帰る途中、左太ももが熱くなってきた。
ラジエーターからの熱気は想像以上に大きく 真夏のツーリングは辛いものになるだろう。



シフトペダル
PA204699_20161104074806980.jpg
可倒式でないので立ちごけしたら簡単に曲がるだろう。
根元のネジを緩めてペダルの高さを調整できるが、一つの調整幅が大きい。
シフトダウンしにくかったので一段下げたが、今度はシフトアップしにくくなり結局元に戻した。
セローのリンク式シフトペダルの方が微妙な調整はできたな。



たかが大きなワイドフットペグと思いきや、
ツーリング終盤疲れてくると、この大きさのありがたみをしみじみ感じる!
PA224766.jpg



ブレーキペダル
PA204696.jpg
ブレーキペダルの位置がセローより外側にあるのでオンロードツーリングでは踏みやすい。
逆にスタンディングポジションでは使いにくいということになるのかな??
PA204695_20161104075752d26.jpg
そしてブレーキの調整範囲もセローに比べ地面側にある。
セローの時はブレーキペダルを目一杯下げても僕の好みのポジションまで下げれなかったが、CRF250Mは余裕で下げることができた。
逆に上側の調整幅のゆとりは少ないようだ。
このようにブレーキペダルの位置も、同じオフロードバイクとはいえCRF250L/M とセロー250の方向性は全然違う。



ハンドル
PA204722.jpg
バックミラーは横長の異形タイプでセローの単純な丸形の方が見やすかった。
またこれだけ横に長いとすり抜ける際にも影響が出そう。
ミラーの取付け部は左右共に10ミリの正ネジ。
PA204729.jpg
前方視界下側に、なぜかピョーンと前ブレーキホースが立ちはだかる。
もう少し、体裁の良いブレーキホースのレイアウトはなかったのかな?



左スイッチボックス
PA304933.jpg
ウインカースイッチとヘッドライトHi/Lowスイッチは大きくて操作しやすい。

右スイッチボックス
PA304934.jpg
セルスイッチはセローの方が押しやすかった。

あとデフォルトのままではスイッチボックスの角度を変えることはできない。
スイッチボックス内の金属の突起物を強引に取り除かなければ角度を変えれない。



コクピット
PA204683.jpg
オフロードバイクなのでタコメーターは省略か??
是非とも標準装備してもらいたい。

個人的にはセローより見やすい。方向指示器表示灯も左右別にあるのでわかりやすい。
セローの方向指示器表示灯は左右共通で目立たないので消し忘れることが多かった。
あとセローに比べスピードメーターは結構正確だ。 
登山用GPSで比較してみると、
GPSが60km/hの時、セロー250は53-54km/h、CRF250Mは55-56km/h ぐらい。
セロー250は誤差が大きく使いずらかったが、これでちょっとましになった。



キーをOFFにすると何も表示されない。キーOFFしても時計表示したセローは非常に便利であった。
ホンダも是非とも真似してくれたらいいのに・・・・・・・・・
PA224738.jpg



クラッチケーブル調整ネジは剥き出し。
PA224742.jpg
確かセローはこの箇所はブラックメッキに防水ゴムカバー付きであった。
真っ先に、ここが錆びるんじゃないかな。



カウルの横幅はセローより断然大きくニーグリップしやすい。
PA204723.jpg
あと、これからの寒い時期、太ももだけでも多少の風除けとして役に立ちそう。



燃料タンクはこんな感じ。
PA204732.jpg



純正マフラー
PA204724.jpg
一番表側はプラスチックのカバーで見た目は安っぽい。



ヘッドライト
PA204718.jpg
評判通り純正ハロゲンでもHi/Low共に明るい。昔のジェベル250XCと比べたらどっちが明るいんだろう。

ヘッドライト裏側、H4ハロゲンのソケット後方部には十分なクリアランスがある。
PA224761_20171105082239ed4.jpg



リアショック
PA204706.jpg

リアリンク部
PA204715.jpg
今は新車で綺麗だが真っ先に汚れるだろう。



前タイヤ
PA204692.jpg
前後タイヤとも IRC ROAD WINNER RX-01 。 前後ともチューブドタイヤ。
このタイヤが擦り減れば、是非ともチューブレス化してみようと思う。

前ディスクローターとキャリパー
PA204703.jpg
PB034988.jpg



後タイヤ
PA204694.jpg
PA224749.jpg

後ディスクローターとキャリパー
PA204716.jpg
PA204712.jpg
PA204711.jpg



チェーン合わせマーク 右側
PB034961.jpg
PB034964.jpg

左側
PB034965.jpg
PB034970.jpg
セローはダイヤル式であったが、こちらは御覧のタイプ。
もちろんちゃんと合ってるね。



CRF250L/Mのチェーンは簡単に錆びるという噂だが、実際はどうなんだろう??
PA204705.jpg
PB034967.jpg
製品名はDID520VF。 もちろんシールドチェーン。
DID、大同工業の製品であるがホームページのラインナップにはないのでOEM製品ということかな。



最後に付属工具をチェック。 工具の種類が結構多い。
PB195136.jpg
実際に乗ってみて、オンロードツーリングは楽だ。
セローにくらべ、シート坐面とステップの距離が長いので膝に余裕ができ下半身が楽。
セローはスタンディングポジション、CRF250Mはシッティングポジションを想定しているんだろう。
そして回転数を上げた時の振動が少なく騒音も少ない。
セローに比べ直進安定性は高く、風に煽られた時の安心度は大いにアップした。

ところでセローはニュートラルが非常に出しにくかった。
ニュートラルで信号待ちをしていて、さあ発進しようかと思い1速に入れたところが、
やはり赤信号が長いため考えが変わり、直後にニュートラルに戻そうと試みても、なかなか戻らない。
また定速走行して、赤信号のため3速に入ったままクラッチを切り、完全停止後に3速からニュートラルに入れようとしても絶対無理であった。
3→2速には入るが、そこからニュートラルに入らない。2速で半クラッチでバイクを少し動かした直後でないとニュートラルには入らなかった。
まあ、これらすべてが僕のセローの個体によるものだと半分諦めていたが、今度のCRF250Mはこれら全て問題なくニュートラルに入る。
今まで1500キロ走ったが停止時にニュートラルに入らなかったことは一度もなかった。

そしてエンジンの吹きあがりはDOHCなので非常にスムーズで気持ちいい。
その代わり<燃費は大幅にダウンした。
また低速トルクは小さく、下り坂で6速・45km/hからアクセルを捻ると何とも心細いエンジン音だ。
そして、その心細い低速の音のお陰で、街中の交差点ではセローに比べ一段ローギアに落として曲がることが多くなった。

以上、CRF250Mに乗り換えて良いことも悪いことあるがオンロード主体の僕にとっては末永く付き合えそう。
荒れたダートには行けなくなったが、酷道ツーリングをとことん楽しもうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

・・・・・さんへ

どうもこんにちは。
車歴が同じでCRF250Mの前期型末期のオーナーとは驚きです!!
なるほど、王道なチューンですね。
僕の方もそろそろバイクに慣れてきたので左右レバーと
可倒式でないクラッチレバーを交換したいなーっと思ってます。

CRF250Mに乗って満足してますが唯一不満な点は低速トルクが少ないこと。
特に5速から6速の繋がりがイマイチかなっと思ってます。
ホンダは、この250単気筒エンジンをCRF250L/M用に低速トルクを分厚くしたと
言ってますが、こんな中途半端なフィーリングならCBR250Rと全く同じエンジンでもよかったんじゃないかと思ってます。

あとCRF250MとMT-25のエンジンフィーリングがどう違うのか
非常に興味深いです!!!

お久しぶりです

こちらのCRFは、走行距離9500キロとなりましたが問題もなく走ってます。
先日チェーンの脱脂(AZのパワーゾル)および注油(ワコーズのチェーン ルブ)を行ったのですが馬力が2馬力アップした感じです。
チェーンの整備は侮れないと思います。チェーンの張り調整は、1500キロ経過時に自分でやりましたが、過去のバイクに比べ調整はシビアに感じました。
息子のMT25はも元気に走ってますが、本人が学校のため私が現在は乗っている状態です。両者を比較し乗りやすい方は、圧倒的にCRFです。MTは回転の割にはスピードが乗ってこない感じです。それとバイクに乗せられてる感じがして私的には今一です。
また、ハンドリングが軽快なCRFの方が楽です。
ただ5速から6速のギア選択については、そちらが書かれておられるように一般路では使いにくいですね。60キロ以下では使えませんね。MTは余裕で使えます。
低速のトルクにかんしては、SP忠男パワーボックスで5速の範囲ならば改善すると思います。
今後とも、よろしくお願いします。

夜クロさんへ

こちらこそお久しぶりです。
チェーンメンテナンス、かなり丁寧にされてるんですね。
CRFのチェーン調整難しい方なんですか?
僕はCRFしかしたことないので・・・・・・

MTよりCRFの方が運転の楽しさがありますか!
素人目にはMTもギアを変速しまくって、CRFより更に高回転まで引っ張れるので
操る楽しさがあるような気が僕はするんですが・・・
でも6速はMTの方が使えるんですね。
バイク乗って一年半の僕が言える立場じゃないですが、
MTの6速のほうがCRFに比べローギアなのかもしれませんね。
最近、何台かレンタルバイクして、6速の守備範囲が広いかどうかは、
エンジンの低速トルク云々よりも
ギア比が一番ものを言うような気がしてならないです。

低速の改善にはSP忠男パワーボックスというのがあるんですか!
あんまり騒音が大きくならなければ検討に値するんですが・・・・・
またまたお金がかかってしまいます。(笑)

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.