オフロードバイクのメモ書き

一番売れ筋のバイクリフト バイクジャッキ スタンド 耐荷重500kg を購入した

2016-07-12
Top Page道具・機械
バイクメンテナンスのためにバイクリフトを買うことにした。
オフロードバイク専用タイプにするか、オンロードも使える万能タイプにするか迷ったが、
今後、万が一オンロードバイクの購入も無きにしも非ずなので万能タイプにすることにした。
そして万能タイプにも色々あるが、結局、通販で一番売れ筋のタイプを買った。
P6263892.jpg
P6263893.jpg
P6263894.jpg
P6263897.jpg
商品説明に重量14キロと書いてあるが、実際に持ってみるとほんと重い!
説明書は横文字の以下のもののみ。 クリックすると拡大します。
rihuto2.jpgrihuto1.jpg



バイクフレームを受ける部分はゴム or 樹脂状のようなものがコーティングされている。
柔らかくも無く、極端に硬くもなく絶妙な硬さ。そして滑りにくい材質。これならフレームに傷を付けないだろう。
P6263898.jpg
フレーム受けはもちろん回転する。
P6263899.jpg



試しにジャッキアップしてみた。 天板の上にゴムシートを敷けば、このままでも使えそう。
P6263900.jpg

これが一番最高の高さ。
P6263906.jpg

天板にフレーム受けを取付けてみた。
P6263901.jpg



裏側のネジはグリスではなく、油が塗られていた。
P6263904.jpg



底板はネジ用の穴(直径10ミリ)が開いていたので、ジャッキアップ時の安定感を高めるために板を取り付けることにした。
ちなみに底板の大きさは450×310ミリ。
P6263909.jpg



コーナンにてピッタリサイズの板をゲット。 これならカットしなくていい。
P7023933.jpg
P7023931.jpg

板とバイクリフトの厚みを考え、適当にワッシャーとネジをゲット
P7023932.jpg

板の取付け完了。
P7033935.jpg

最後にバイクリフトの総重量を測定。
P7093954.jpg
なんと15.2キロになった!!




家のガレージにて、前輪をジャッキアップ。
P7033937.jpg
P7033939.jpg
P7033942.jpg
サイドスタンドで止めてる状態からジャッキアップした。
先ず、左フレームバイプにジャッキのフレーム受けを当て、ゆっくりとジャッキアップすると、
左に傾いていたバイクが正立してきて、右フレームバイプがフレーム受けに当たってくる。
そしてバイクが正立気味になってきたところで、右ハンドルを支えながら、
さらにジャッキアップすると簡単にバイクが持ち上がった。

安全確実にするなら、他の人にハンドルを持ってもらう or バイクスタンドを併用する方がいいだろう。
あと、備え付けのジャッキハンドルはパワー不足でソケットレンチでハンドルを回した方がいいというレビューもあったが、
さすが最軽量のセローなので備え付けのハンドルで十分持ち上がった。



次はフレーム受けの当たる部分を後方にずらして、後輪を持ち上げた。
P7033943.jpg
P7033948.jpg
P7033945.jpg
最後に前輪・後輪同時にジャッキアップしようとしたが、
家のガレージが道路に向かって微妙に傾斜があるためバランスをとるのが難しい。
今回は前輪・後輪それぞれ持ち上がったので、今後のメンテナンスに支障がない。
いつか余裕のあるときに、平らな場所でチャレンジしようと思う。

御覧の通り、『 バイクリフト バイクジャッキ スタンド 耐荷重500kg 』 は使えると思う。
ただ、一つ欠点を上げるとすれば15キロという重量だろう。
とにかく重い!!! ガレージに出すだけでも一苦労だ。

コメントの投稿

非公開コメント

Designed by yukihirotsutsumi (template: offroadbike)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.