オフロードバイクのメモ書き

新型ワゴンR MH55S ヒューズボックスへのアプローチ

2017-05-24
Top Page
今回はヒューズボックスへアプローチする。



グローブボックスの両サイド奥に蝶番がある。
P5176699.jpg
蝶番部分を指で探ると蝶番の開口方向があるので、
その開口方向とは逆向きにグローブボックスを引っ張り上げるとグローブボックスが外れる。
僕の場合は、かなりの力を要した。



外したグローブボックスとそれぞれの蝶番部分を拡大。
P5146634_201705152156123e1.jpg
P5146634_2017051522005116a.jpgP5146634_20170515220332451.jpg



ダッシュボード側。
P5146629.jpg
赤矢印と緑矢印に蝶番が食い込む。



グローブボックスを外すと左奥にヒューズボックスがある。
P5146637.jpg
P5146640.jpg
P5146641.jpg



ヒューズ群
P5146644.jpg



一本抜いて確認してみると、低背ヒューズであった。
P5146646.jpg
ヒューズの高さが低く、更にボックスは横向きなので抜き差しは一苦労。
ディラーは専用工具使って抜き差しするのかな?!

あと今回の作業をして偶然気が付いたが、低背ヒューズ ( 室内灯 10A ) 1個 を抜いて走行したら、
エンジン警告灯が点灯しアイドリングストップが作動しなくなった。
低背ヒューズを元に戻すと、即、エンジン警告灯は消灯しアイドリングストップは通常通り作動した。
ヒューズが切れるとエンジン警告灯が点灯するようだ。

新型ワゴンR MH55S Aピラー、メーターパネル 外し方

2017-05-19
Top Page
助手席側 Aピラーを外した。 Aピラーの裏面。
P5136601.jpg
ストッパーは上から赤矢印と緑矢印の2箇所。 その他は全てツメ。



ボディ側
P5136606.jpg
Aピラーの2箇所のストッパーが、それぞれ赤矢印と緑矢印に食い込む。



メーターパネルを外した。 メーターパネルの裏面。
P5136617.jpg
手前側全てがストッパー。 フロントガラス側すべてがツメ。



メーターパネルを取り除いた跡。
P5136596.jpg
P5136598.jpg



Aピラーのストッパーはボディに強力に食い込んで、特に上側(赤矢印)を外す時に大きな力が必要であった。
あまりにも大きな力を加えると、Aピラーが破損してしまうんではないかという不安に駆られ恐る恐る作業したので、
時間がかかってしまった。
2箇所のストッパーを外せば、後はAピラー全体を内側に持ち上げるよう引き抜けば全体が外れる。

メーターパネルは、まず手前側全てに内装外しを隙間に食い込ませてストッパーを外す。
そしてパネル全体を手前に引き出すようにすれば外れる。
作業の難易度は低い。








新型ワゴンR MH55S ナビ オーディオ 外し方

2017-05-15
Top Page
表側のパネルの僅かな隙間に、内装外しを食い込ませると簡単に外れる。
P3195740_20170514211209309.jpg



表側のパネル。
P5136570.jpg
赤矢印 ・・・ ストッパー
緑矢印 ・・・ ツメ
桃矢印 ・・・ ハザードランプのコードが付いてるのでツメを押さえつけながらコードを抜く。



三箇所のネジを取り除いて二枚目のパネルを外す。
P5136571.jpg



二枚目のパネル
P5136574.jpg
赤矢印 ・・・ ストッパー



このままオーディオユニット全体を引き出せば簡単に外れる。
P5136577_201705142136269d7.jpg



外したオーディオユニット
P5136620.jpg
P5136622.jpg



序でにオーディオユニットの奥側も覗いておく。
P5136583.jpg
P5136586.jpg
以上、MH55S のオーディオユニットは簡単に外せる。
よっぽどドジを踏まない限り部品を破損することもなさそう。

Designed by yukihirotsutsumi (template: offroadbike)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.