オフロードバイクのメモ書き

ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL を購入した

2017-02-23
Top Page道具・機械
新しいタブレットにASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL を購入した。
3年以上前に通信料を安くするため通常キャリアからSIMフリー機に乗り換えたが、
逆にキャリアの縛りがなくなり、ついつい機種変更してしまう。逆に高くついてしまったかも ・・・・・・・・・・・・・・
ここまでのSIMフリー機の遍歴は、
NEXUS7 2013ASUS MeMO Pad 7 ME572CLGALAXY Tab S 8.4 SC-03GASUS ZenPad 8.0 Z380KL
Huawei MediaPad T2 7.0 Pro → ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL



まずは開封の儀
PC185311.jpg
PC185312.jpg
PC185313.jpg



SIMカードなど何も入ってない状態で重さを測ってみると ・・・・・・・・・
PC185314.jpg
310グラムであった。一方、カタログ値の重量は320グラム。
1、2グラムなら誤差範囲内だが10グラムは大き過ぎる。
タブレットの場合、310 or 320では売れ行きに結構影響すると思うんだが ・・・・・・・・
理解できないね。




デスクトップを自分好みにセッティング完了
PC205322.jpg



ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL のセールスポイントは、7.9インチ 2,048×1,536ドット (QXGA) の通常よりやや横長の画面だろう。
「 Yahoo! JAPAN 」 はこんな感じ。
Screenshot_20170116-173601_201702110934297eb.jpg
実際、web自体の画面の大きさは縦148ミリ、横119-120ミリであった。



価格.com の ASUS のタブレット一覧画面はこんな感じ。
Screenshot_20170211-094246.jpg



本体裏面
PC185317_20170115081556cae.jpg



いつもと同じように今回も簡易なソフトケースを用意した。
ebay などで中国から直接買えば安く買えるが、品物が早くほしかったので国内通販で買った。
PC205318.jpg
PC205319.jpg
国内で買っても、結局、深圳からの品物を横流しされてるだけ。
スマホ、タブレットのケースは中国の広州や深圳で作られてることが多い。



カバーを装着して重量を測定した。
PC205324.jpg



通常のタブレットの画面は1920x1200 なので縦:横は1.6:1
一方、ASUS ZenPad 3 8.0 Z581KL は2048x1536 なので 1.33:1
このちょっと特殊な横長サイズの使い勝手いい。
処理速度も遅くはなく画面サイズの割に重くないので、今度こそ末永く使えそうだ。

エンジンオイルの比重を測定する

2017-02-16
Top Pageメンテナンス
僕のバイクに使用してるエンジンオイルは CASTROL POWER1 4T 10W-40 。
Amazonのバイク用エンジンオイルの中で一番売れている。
性能の割に値段も安くコストパフォーマンスも高いんだろう。
今回は POWER1 4T 10W-40 の比重を計ってみた。
P4223055_20160924065916bc6.jpg



まずオイルジョッキ1リットル容器の重さを測定。
P6113808.jpgP6113809.jpg
119グラムであった。



オイルジョッキに POWER1 4T 10W-40 を1リットル注ぎ、重さを測定。
P6113810.jpgP6113811.jpg
954グラムであった。
954-119=835
よってオイル1リットルの重さは835グラムとなるので比重は0.835ということになる。

話はちょっとそれるが、昔、ディーゼル乗用車のエンジンオイルを自分で交換していた。
その時に使用したオイルが日産 S21スペシャルDL-1 5W-30
この時に測定したデーターがオイル量6.5リットルで5.4キロだったので、比重は5.4÷6.5=0.831 。
ということで2輪、4輪に関係なく10W-40 や 5W-30 であれば比重はこの辺りなるんじゃないかな。
一度、20W-50 ぐらい粘度の高いオイルを測ってみたい。



次は新品の POWER1 4T 10W-40 と空缶の POWER1 4T 10W-40 の重さをそれぞれ測定。
P1265584.jpgP8264235.jpg
新品の POWER1 4T 10W-40 は3845グラム
空缶の POWER1 4T 10W-40 は378グラム
3845-378=3467
新品の POWER1 4T 10W-40 のオイル自体の重さは3467グラムとなる。

3467÷0.835=4152
よって新品の POWER1 4T 10W-40 のオイル量は4152ml、すなわち4.152リットルということになる。
前々からオイル4リットル缶に、きっちり4リットル入ってるとは思えなかった。予想通りであった。
1mlでも少ないとクレームを言う人が無きにしも非ずなので余裕をもたせてるんじゃないかな。

コミネ GK-764 ウインドプルーフグローブ オダルダⅡ を買った

2017-02-08
Top Pageウェア類
デイトナホットグリップとの相性を考え、コミネ GK-764 ウインドプルーフグローブ オダルダⅡ を買った
P1075459.jpg
P1075461.jpg
P1075463.jpg
P1075462.jpg
甲側には内臓式のプロテクターが入っている。



左手袋
P1075464.jpg

手首部分を保護するプロテクターらしきものはない。 ここだけ見ると普通の手袋のようでショボい。
P1075466.jpg
P1075467.jpg
P1075468.jpg
P1075469.jpg
冬用防風手袋であるが、生地が薄いためクラッチレバー、アクセルの操作性はいい。
そして、その薄い生地のおかげでデイトナホットグリップの熱がしっかり伝わってくる。
デイトナホットグリップとGK-764の組み合わせは最高で、
晩秋に買った本格的冬用手袋コミネ GK-766 の出番はなくなった ・・・・・・・・・・ もったいない話だが。
ただ普通の手袋のような手首部分だけが気に入らない。
まあ実質価格2200円なので仕方あるまい。

※ホットグリップの説明書には低温やけど防止のため厚手の冬用手袋を使用しなさいとの注意書きがあります。
よってホットグリップと薄手の手袋の組み合わせると低温やけどを起こすことがあるので、あくまで自己責任で行ってください。











デイトナホットグリップの効果

2017-02-01
Top Pageパーツ
先日、装着したデイトナホットグリップは冬のツーリングで大いに活躍している。
PC085194.jpg
P1075478.jpg
エンジンをかけ2~3分程度で手袋を通して温かさが伝わってくる。
さすがに外気温5℃まで下がると指先の痺れが出てくるが、運転に支障をきたすことはない。

ところでホットグリップ装着間もない頃は冬用手袋コミネ GK-766 GTX を使っていた。
ただ冬用手袋なので生地が厚いため熱の伝わりがイマイチ甘い。
そこで試しに春夏用手袋コミネ GK-131 を使ってみると熱の伝わりがすこぶるよく、
おまけに生地が薄いので操作性がよくなり、運転が上手くなってしまったかのような錯覚に陥った。

一方、 GK-131 はメッシュグローブ。
手の甲側は風が通るので、薄手の防風手袋がホットグリップにマッチするかと考え、
コミネ GK-764 ウインドプルーフグローブ オダルダⅡを買った。
実際に使ってみると GK-131 にくらべ更にいい。
狙い通り、風を通しにくいので指先の防寒性は高まった。
そして操作性は GK-131 と変わらない。
この冬はホットグリップと GK-764 が離せない。

※ホットグリップの説明書には低温やけど防止のため厚手の冬用手袋を使用しなさいとの注意書きがあります。
よってホットグリップと薄手の手袋の組み合わせると低温やけどを起こすことがあるので、あくまで自己責任で行ってください。




平成29年6月11日追加
本日、夕方、若狭からの帰り、国道173号の大阪府と兵庫県の県境 ( 天王峠・海抜500メートル ) にて、
急に冷え込みグリップヒーターを使った。
巻きタイプのヒーターにしてたら、とっくに外していたと思うのでグリップタイプを選んで良かったと思う。
これからも高地に行ったら、突然冷え込むこともあるので思わぬところで役に立ちそうだ。

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.