オフロードバイクのメモ書き

DAYTONA デイトナ マルチウイングキャリア をセロー250に装着

2016-05-30
Top Pageバイク・パーツ
セロー250 にセロー250用 DAYTONA デイトナ マルチウイングキャリア を装着する。



DAYTONA デイトナ マルチウイングキャリア 部品一式
P3302610.jpg

トッププレート
P3302611.jpg

トッププレート裏面
P3302613.jpg
P3302616.jpg

トッププレートはアルミ製で、御覧の通り分厚い。
P3302615.jpg



各パーツの重さを計測
P3302622.jpgP3302621.jpg
P3302619.jpgP3302620.jpg
左ステーが631グラム、右ステーが622グラム、キャリア天板が660グラム、ネジ類が60グラム、
よって合計1973グラムであった。



シートを外す。
P4092800.jpg

マッドガードのネジを外す。
P4092801.jpg

純正リヤステーを外す。
P4092803.jpg
P4092804.jpg



左右のキャリアリアステーを仮止めする。
P4092806.jpg

トッププレートを仮止めする。
P4092807.jpg

なぜか?? 右側の前側のネジだけが、トッププレートとステー間のクリアランスが小さすぎてメガネレンチが入らず、
ロッキングプライヤーで締め付けることになった。
P4092811.jpg



合計6本のネジを本締めし装着完了。
P4092809.jpg
P4092812.jpg
P4092815.jpg
P4092816.jpg

コミネ SK-608 トリプルニープロテクター 3 を購入した

2016-05-28
Top Pageバイクウェア類
ライディング時のパンツをどういうタイプにするか決まらない。
そこで、とりあえず普通のパンツにニープロテクターを付けて走ることにした。
選んだのは一番人気のあるコミネ SK-608 トリプルニープロテクター 3
P3272568.jpg
P3272570_20160527073917632.jpg
P3272571_201605270739132b7.jpg

最上部のゴムバンドは2本締め。
P3272573_20160527073914308.jpg
P3272575_20160527073916545.jpg



最上部のゴムバンドは ・・・・・・・・・・
P3272577_201605270742043d1.jpg

まず幅の大きいゴムバンドを掛ける。
P3272578_20160527074351d1a.jpg

そして、その上から幅の小さいゴムバンドを掛けて締める。
P3272579_201605270743505a7.jpg



装着すると、こんな感じ。
P5263641.jpg

背面はこんな感じ。
P3312661.jpg
実際に使ってみて、バイクの操作に全く支障ない。
プロテクターを付けたままの歩きも問題ない。
合計4本のゴムで無理なく締め付けるので、丸一日、一切外さずライディングしても快適そのものであった。

モンスターエナジー バイク ジャケットを購入した

2016-05-26
Top Pageバイクウェア類
初めてのバイクジャケットをYahooショッピングで買った。

123.jpg
235.jpg



定番のモンスターエナジーのジャケット
P5173476.jpg
P5173477.jpg
実際に手にとって見るとズッシリと重い。 ジャケットの重さを測定してみると、なんと1.1キロもあった。



襟元のロゴマーク
P5173483.jpg

説明書は一切ない。モンスターエナジーのステッカーのみであった。裏面は白紙であった。
P5173486.jpg

洗濯記号の表示はない。 アウター、インナーともに100%ポリエステル
P5173485.jpg



モンスターエナジーのマークは刺繍されている。
P5173489.jpg
P5173487.jpg



メッシュ素材と商品説明に書いてあるが、実物を見るとメッシュ素材には見えない。
生地は、むしろ分厚く非常に頑丈そうだ。
P5173509.jpg
P5173508.jpg
P5173507.jpg



インナー部分。
P5173478.jpg

インナー胴体部分はチャックで簡単に取り外すことができる。
P5173481.jpg

インナー袖部分はボタンで留められている。
P5173480.jpg

インナー部分を脱着した。
P5173504.jpg

インナー部分の重さは0.2キロで軽く、膨らんで空気の保温層を形成するようだ。
P5173506.jpg



パッドは背中、型、肘に入っておりマジックテープにて脱着可能である。
P5173495.jpg
P5173492.jpg
各パッドは、それなりの厚さがあり転倒時には役に立ってくれそう。
P5173493.jpg
P5173494.jpg



御覧のとおり、生地は分厚く頑丈で縫製もしっかりしており、パッドも適度な厚さのものが入っており、
値段も8900円なので非常にコストパフォーマンスは高いと思う。
ただ、商品説明の 『 メッシュ素材通気性抜群 』 には程遠く、生地が分厚いので
東京・大阪では6月中旬から9月上旬までは暑くて使えないだろう。
あと、今回サイズは L 胸囲114cm 肩幅52cm 袖丈 64cm 着丈 (後ろ)67cm を選びピッタリであった。
当方の身長173センチ、体重62キロ。 ちなみにYシャツのサイズは41-84

UMiNEKO 01 上半身プロテクター を購入した

2016-05-19
Top Pageバイクウェア類
バイクのウェア・・・・・・・何を買ったらいいかわからない、どういうスタイルで乗るか決めてない。
そういうことで、とりあえずプロテクターを買うことにした。
もちろん高価なプロテクターの方が安全性が高いと思われるが、途中で嫌になって着なくなったらもったいないので、
上半身プロテクターの中では最安値と思われる UMiNEKO 01 上半身プロテクター を購入した。
購入時、サイズで悩んだが他の人のカスタマーレビューを参考にXXLサイズにした。
(当方の身長173センチ、体重62キロ)
P3312626.jpg
P3312627.jpg



胸部プロテクター メイン部分はプラスチック製。そしてプラスチックの内側に薄い金属メッシュが入っている。
P3312631.jpg
P3312632.jpg
P3312642.jpg
胸部プロテクターは縫い付けられてるので外すことはできない。



背部プロテクター
P3312644.jpg
背部プロテクターのメイン部分はプラスチック製。

背部プロテクター裏面
P3312646.jpg

背部プロテクターは両サイドのチャックを外して分離させることができる。
P3312645.jpg
洗濯する場合や収納する場合には便利だろう。



肩プロテクター こちらもメイン部分はプラスチック製。
P3312637.jpg

肘プロテクター こちらもメイン部分はプラスチック製。
P3312634.jpg
肩プロテクター、肘プロテクターも外すことができない。

生地は御覧のとおり薄いメッシュ生地。
P3312640.jpg
そのまま洗濯機に入れたらメッシュが伸びるのでネットに入れて洗濯機に入れるべきだろう。



サイズの調整は、肩プロテクターと胸部プロテクター、肩プロテクターと背部プロテクターを繋ぐ、合計4つのベルトで調整する。
P3312638.jpg
P3312649.jpgP3312651.jpgP3312652_20160601212746649.jpg



試着してみた。
P3312655.jpg
P3312656.jpg
身長173センチ、体重62キロの僕にとっては、やや大きめか ・・・・・・・・・
XXLではなくXLの方がよかったな。
4つのベルトを目一杯に締めたら、まあ使えるレベルになった。
安直に XXLは身長175-180、XLは身長170-175 ぐらいじゃないか。

約1ヶ月使用したが、まあ使えるレベルにあると思う。
メッシュ生地が薄く延びやすそうなので丁寧に扱ったほうが長持ちするだろう。
最初から本格的なプロテクターを求める人には全く無意味な商品であるが、
僕みたいに、バイクに乗るスタイルが決まらず試してみようと思う人にとってはちょうどいいのではなかろうか。
値段が3980円と安いので、あとで 『 しまった! 』 と思っても後悔は少ない。

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.