オフロードバイクのメモ書き

初めてのバイクシューズに elf synthese14 を購入した 

2016-04-26
Top Pageウェア類
生涯初のバイクとしてセロー250を購入した。
最初は使い古しのテニスシューズで乗ろうと考えていたが、
会社の先輩にケガ予防のため専用シューズを買った方がいいと言われ、素直に聞き入れることにした。
オフロードバイクといえば専用のオフロードブーツを連想するが、日常の街乗りでオフロードブーツは如何にも仰々しく、
予算も一気に跳ね上がるので、まずはオンロードシューズを買うことにした。
そして、またしても先輩から足首までカバーしてるものがいいとアドバイスを受け、
アマゾンにて多数のシューズを検討し、結局、一番売れ筋の elf synthese14 にスンナリと決まった。
P3262489_20160528205501c4a.jpg
P3262492_2016052820550281b.jpg
P3262511_20160528205500bcb.jpg
P3262493_20160528205623d6d.jpg



重さは右575グラム、左581グラムであった。
P3262495_2016052820575133a.jpgP3262494_2016052820575219a.jpg


左足
P3262496_20160528210319005.jpg
P3262497_201605282103212b9.jpg
P3262498_20160528210322457.jpg
P3262499_20160528210319b09.jpg
P3262500.jpg
P3262509_20160528210357465.jpg
P3262508.jpg



シフトペダルの当たる位置はプロテクター加工がされている。
P3262501_2016052821065569f.jpg
P3262507_201605282106535f5.jpg
右足にはシフトペダルはないが、左右対称ということで同じデザインになっているんだろう。



バックル部
P3262502_20160528210809a4e.jpg
P3262503_2016052821080808d.jpg
バックル部もネジにて2段階に調整可能。
P3262504_20160528211020f29.jpg

ストラップも調整可能と至れり尽くせり
P3262505_2016052821113272c.jpg
P3262514_20160528211305ba4.jpg
今回は通販にて購入したので、店頭でのサイズ合わせ行わずアマゾンのレビューを参考にした。
僕の足の長さの実測値は25.8~25.9センチ。そして革靴は2Eと日本人としては甲は薄く幅も狭い。
アディダス、ナイキなどの運動靴は26.0センチ。
レビューには普段の運動靴よりワンサイズ大きめがいいと書いてある人が多かったので、
僕の場合は2Eということを考慮しワンサイズ大きめの26.5センチにせず、
運動靴と同じ26.0センチを選んでピッタリであった!!!

で、実際に使ってみてライディングシューズとして特に問題なく使える。
そして2キロ程度の待ち歩きもしてみたが、痛くも無く靴擦れもなく快適に使えてる。
あと透湿防水なので、結構蒸れるかなっと思っていたがそんなに蒸れないね。
しいて欠点があげるとすればファッション性がないことかな。
やはり皮ブーツの方が風格があるよね。

CRF250Mのオイル交換

2016-04-24
Top Pageメンテナンス
CRF250Mのオイル交換



ドレンボルト 12㎜ トルク24N.m
フィルターエレメントカバーボルト 10Nm
ガスケット 15412-KYJ-901

平成28年11月12日 990km オイル、オイルフィルター交換(販売店にて) オイルはたぶん純正オイル
平成29年2月18日 4186km オイルのみ交換、1.5リットル CASTROL POWER1 4T 10W-40
平成29年3月18日 4950km スポンジ






セロー250のオイル交換

4月23日 681km 1.4リットル CASTROL POWER1 4T 10W-40 フィルターも交換
6月11日 3819km オイルのみ交換 1.38リットル 目盛上限一杯
8月26日 6777km オイルのみ交換 1.3リットル強 目盛り上限一杯
左右にバイクを揺らすとオイルが更に排出されるみたい。
説明書の1.2リットルは、あくまで水平時のみで排出した場合じゃないか。

ドレンボルト 12mm トルク20N.m
オイルフィラーキャップ 14mm トルクなし
フィルターエレメントカバーボルト 10Nm

用意したもの
P4223055.jpg
P4223075.jpg
P4223077.jpg
P4223079.jpg
P4223080.jpg
P4223084.jpg
P4223083.jpg
P4223085.jpg
P4223086.jpg
P4223087.jpg
P4223090.jpg



P4233140.jpg
P4233142.jpg
P4233149.jpg
P4233145.jpg



P4233147.jpg
P4233143_20160424072221c92.jpg

P4233150.jpg
P4233152.jpg


















CRF250M の燃費記録

2016-04-15
Top Page燃費記録
CRF250Mの燃費

平成28年10月28日 245.3km 7.03リットル 34.89km/l
11月3日 253.3km 7.01リットル 36.13km/l
11月3日 169.5km 4.02リットル 42.16km/l
11月5日 252.5km 6.41リットル 39.39km/l
11月13日 254.2km 6.60リットル 38.51km/l
11月20日 282.3km 7.48リットル 37.74km/l
12月3日 243.4km 6.85リットル 35.53km/l
12月10日 236.4km 6.37リットル 37.11km/l
12月23日 254.9km 6.80リットル 37.49km/l
12月23日 223.3km 5.08リットル 43.96km/l
12月24日 244.7km 6.80リットル 35.99km/l
平成29年1月2日 284.5km 7.65リットル 37.19km/l
1月4日 210.4km 5.87リットル 35.84km/l
1月14日 237.5km 6.43リットル 36.94km/l
1月28日 229.3km 6.39リットル 35.88km/l
2月4日 250.9km 7.03リットル 35.69km/l
2月18日 251.1km 6.82リットル 36.82km/l
3月3日 261.7km 6.75リットル 38.77km/l
3月4日 283.8km 7.23リットル 39.25km/l
3月20日 220.4km 6.06リットル 36.37km/l
3月25日 228.5km 5.86リットル 38.99km/l
4月1日 242.7km 6.21リットル 39.08km/l
4月22日 289.1km 7.64リットル 37.83km/l (240キロで燃料警告灯、点灯し始め245キロで完全点灯)

明石駅付近でガス欠。500メートル、バイクを押してガソリンスタンドに行った。
定速走行が多い場合、燃料警告灯の点灯し始めるのが遅いようだ。

4月22日 238.8km 5.95リットル 40.13km/l (236キロで燃料警告灯、点灯し始める)
4月23日 259.3km 6.28リットル 41.29km/l (248キロで燃料警告灯、点灯し始める)
4月29日 220.9km 5.80リットル 38.08km/l
4月30日 198.9km 4.83リットル 41.18km/l
5月29日 252.6km 6.61リットル 37.87km/l
6月11日 296.3km 7.42リットル 38.38km/l
6月17日 302.3km 7.22リットル 41.87km/l  (252キロで燃料警告灯、点灯し始める)

遂に300km越え。CRF250Mの航続距離はこの辺が限界だろう。
燃費がよくタンクの大きいセロー250の400キロを超えるのは絶対に無理。
本年2月18日に純正オイルから CASTROL POWER1 4T 10W-40 に交換してから燃費が良くなったような気もするが、
やはり気温の上昇が一番の理由だと思う。
低速回転域のトルクが増したマイナー後のエンジンなら、もう少し好燃費になるんじゃやないか。
5速53-54キロになったらエンジン音が甲高くなるので6速に入れたくなるが、今のエンジンでは無理。
63-64キロ以上じゃないと6速は元気なエンジン音にならない。
マイナー後のエンジンなら6速50台前半でもいけるんじゃないか。
今日の走行時からラジエターのファンが頻回に回り、股に不快な熱気がこみ上げてくる。
逆に11月初めから5月終わりまでラジエターのファンは殆ど回らなかったような気がする。







(過去のバイク)セロー250 DG17Jの燃費

平成28年4月15日 324.5km 8.26リットル 39.29km/l
4月23日 338.4km 8.30リットル 40.77km/l
4月24日 100.4km 2.39リットル 42.01km/l 
4月30日 377.6km 8.52リットル 44.32km/l
5月1日 365.4km 8.66リットル 42.19km/l
5月6日 389.1km 8.92リットル 43.62km/l 
5月14日 348.3km 7.98リットル 43.65km/l
5月15日 376.7km 8.57リットル 43.96km/l
5月22日 369.2km 8.36リットル 44.16km/l
5月28日 397.8km 8.74リットル 45.51km/l
6月10日 361.7km 8.35リットル 43.32km/l
6月18日 418.5km 9.00リットル 46.5km/l
7月2日 404.5km 8.75リットル 46.23km/l
7月18日 316.8km 7.62リットル 41.57km/l
7月30日 344.4km 7.06リットル 48.78km/l
7月31日 368.7km 7.91リットル 46.61km/l
8月1日 316.9km 6.82リットル 46.47km/l
8月3日 418.4km 8.64リットル 48.42km/l
8月11日 230.6km 5.73リトル 40.24km/l (カワサキZ250SL・レンタル)
8月14日 233.6km 5.45リットル 42.86km/l
8月27日 339.1km 7.56リットル 44.85km/l
9月3日 366.9km 8.41リットル 43.63km/l (ガソリン漏れ)
9月10日 377.9km 8.31リットル 45.48km/l
















セロー250 DG17J ( 1YBN ) 納車!!!

2016-04-10
Top PageNewバイク紹介
納車日 2016年4月8日



ここ数年、MTBで全国各地の林道を走り回ってきたが、歳に伴い体力の低下が著しくオフロードバイクを買うことを決断。
ただオフロードバイクとはいえMTBにくらべ遥かに車体が重いので転倒時にバイクに挟まれるのが恐い。
よってMTBのように林道メインではなくオンロードを主体に、ちょこっとダートを走るというノリでオフロードバイクを検討!!
そこで浮かびあがったのがホンダCRF250L
中型二輪免許取得の目処が立った3月中旬にバイク屋に問合せたがCRF250Lの在庫はなく、納車は4月末になるとのこと。
そこでCRF250Lは諦め第二候補のセロー250に狙いを定め、NEWカラーのホワイト/オレンジを問合せるも、
4月20日以降になるということで、即納車可能なベージュを発注した。
そして4月8日の夕暮れに生涯初のバイクをゲットした。
P_20160408_164513_20160518220803961.jpg
P_20160408_164600_201605182208049ee.jpg



この真っ新なセローをとくと写真に収めておく。
P4092747_20160518220802edf.jpg



フルサイズのオフロードバイクでないので CRF250L に較べると車体は小さめ。
全長で9.5センチの差だが、実際には随分違うもんだ。
P4092744_201605182208065d9.jpg
P4092746_20160518220807e68.jpg
P4092743_2016051822130368c.jpg
P4092754_201605182213026e5.jpg



Classical な249cc単気筒SOHCエンジン
P4092753_20160518221626d93.jpg
P4092748_20160518221624dfb.jpg
P4092765_20160518221627497.jpg
P4092769_20160518221623b94.jpg

オイル量確認窓
P4092767_20160518221622f0d.jpg



マフラー
P4092760_2016051822213429a.jpg



ハンドル周り
P4092780_20160518222132827.jpg

コクピット
P4092781_20160518222133f89.jpg
タコメーターはない。残念!
そして、もう一つ気に入らないのが、SELECT、RESETボタンを押すとメーター全体がグニャグニャ自然に動いてしまう。
取付け部に剛性がないといえばそれまでだが、そういう仕様なんだろう。

クラッチレバー
P4092777_20160518222136521.jpg

前ブレーキレバー
P4092778_2016051822213166b.jpg

前ディスクブレーキ
P4092775_20160518222852d0d.jpg

後ディスクブレーキ
P4092774_201605182228576b8.jpg



前タイヤはブリヂストンTW-301、後タイヤはTW-302
P4092750_2016051822285208c.jpg
P4092752_201605182228546bc.jpg
P4092763_20160518222855418.jpg
P4092764_201605182232311f8.jpg
P4092779_20160518223229cc8.jpg
乗ってみた第一印象は、ドッドッドッドッドッドッ・・・・・・ と耕うん機のようなエンジン音。
噂には聞いていたが、これが単気筒エンジンの音か!!!
それまで、バイクの音といえば、ホンダCB400の 4 or 2気筒エンジンの音をイメージしていたが、それとは程遠い。
そして単気筒のせいか吹き上がりが悪いのでエンジンを回す気になれない。
『 セローは50-60キロでトコトコ走るのがふさわしい 』 と何処かのレビューに書いていたが、まさにその通り。
その代わりと言ってはなんだが、燃費はいい。いきなり40km/Lを越えてきた。
まあ、ここまでは想定範囲内であったが、シート坐面とステップの距離が短いので足が非常に窮屈だ。
特にクラッチ・後ブレーキ操作時、足首を思いっ切り曲げなければならないのが辛い。
あー、これが購入前、一番懸念していた○○バイクたる所以か ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダートのスタンディングポジション、メインで乗るなら、このままでいいんだろうが、
しばらくオンロードツーリングのみとなるので、このままでは苦しい。
少しづつポジションを煮詰め乗りやすくしてこうと思う。

Designed by yukihirotsutsumi (template: offroadbike)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.