オフロードバイクのメモ書き

CRF250L/M のサービスマニュアル(洋書)をゲット

2017-06-21
Top Pageメンテナンス
今年の2月に CRF250 RALLY が発売された。
同時に CRF250L/M もマイナーチェンジを受け、デザインとエンジンセッティングが一新された。
よって昨年の10月にゲットした僕の CRF250M は早くも旧モデルとなってしまった。
これからはホンダのCRF250グループは、おそらく CRF250 RALLY が中心となって動いていくので、
マイナー前の CRF250M なんかは蚊帳の外。
そういう焦りもあり、マイナー前の CRF250M 用のパーツ、整備書の在庫がなくなってしまうんではないかという不安に駆られ、
前々から目を付けていたCRF250L/M のサービスマニュアル(洋書)を速攻買うことにした。
※ホンダから純正のCRF250L/Mサービスマニュアルがあるが20000円以上なので高くて買えない。



このサービスマニュアルは CRF250L/M 専用ではなく CBR125/250R も載って合計4車種載っている。
本の正式な名前は Haynes HONDA CBR125/250R CRF250L/M SERVICE & REPAIR MANUAL 。
インターネットでは Amazon.com と ebay で売っていた。



Amazon.com でのサービスマニュアル
63.jpg



ebay でのサービスマニュアル
7790.jpg



Amazon.comebay を送料込みで比べたら ebay の方が安かったので3月23日の晩に発注。 4月4日に到着した。
P4045817.jpg
P4045818.jpg
P4045821.jpg
P4045822.jpg



中身はザクッと以下の通り。
Scan1_2017062008234492d.jpgScan10001_20170620082346546.jpgScan10002_2017062008234766f.jpg
Scan10003_20170620082349647.jpgScan10004_201706200823427fc.jpgScan10005_201706200823437d7.jpg
本の紙質は殆どわら半紙で写真も殆どが白黒。 ページ数は272ページと分厚い。
CBR125/250R に重点が置かれてるわけではなく4車まんべんなく説明されている。
共通の整備方法の場合は、まとめて説明されており、個別の車種に説明が必要な場合は省略せず書かれている感じだ。
ただ御覧の通り、すべて英語なので自称・英検3.2級の僕にとって解読は難しい。
ただネジの締付推奨トルクも書かれているので少しは役に立つかも ・・・・・・・・・・・・

英語に自信があり純正のマニュアルが高過ぎて手が出ない人は、
是非、この3000円強のマニュアルをゲットされてはいかがでしょうか!

エンジンオイルの比重を測定する

2017-02-16
Top Pageメンテナンス
僕のバイクに使用してるエンジンオイルは CASTROL POWER1 4T 10W-40 。
Amazonのバイク用エンジンオイルの中で一番売れている。
性能の割に値段も安くコストパフォーマンスも高いんだろう。
今回は POWER1 4T 10W-40 の比重を計ってみた。
P4223055_20160924065916bc6.jpg



まずオイルジョッキ1リットル容器の重さを測定。
P6113808.jpgP6113809.jpg
119グラムであった。



オイルジョッキに POWER1 4T 10W-40 を1リットル注ぎ、重さを測定。
P6113810.jpgP6113811.jpg
954グラムであった。
954-119=835
よってオイル1リットルの重さは835グラムとなるので比重は0.835ということになる。

話はちょっとそれるが、昔、ディーゼル乗用車のエンジンオイルを自分で交換していた。
その時に使用したオイルが日産 S21スペシャルDL-1 5W-30
この時に測定したデーターがオイル量6.5リットルで5.4キロだったので、比重は5.4÷6.5=0.831 。
ということで2輪、4輪に関係なく10W-40 や 5W-30 であれば比重はこの辺りなるんじゃないかな。
一度、20W-50 ぐらい粘度の高いオイルを測ってみたい。



次は新品の POWER1 4T 10W-40 と空缶の POWER1 4T 10W-40 の重さをそれぞれ測定。
P1265584.jpgP8264235.jpg
新品の POWER1 4T 10W-40 は3845グラム
空缶の POWER1 4T 10W-40 は378グラム
3845-378=3467
新品の POWER1 4T 10W-40 のオイル自体の重さは3467グラムとなる。

3467÷0.835=4152
よって新品の POWER1 4T 10W-40 のオイル量は4152ml、すなわち4.152リットルということになる。
前々からオイル4リットル缶に、きっちり4リットル入ってるとは思えなかった。予想通りであった。
1mlでも少ないとクレームを言う人が無きにしも非ずなので余裕をもたせてるんじゃないかな。

CRF250L/M のリンク部のグリスアップ

2016-12-12
Top Pageメンテナンス
前回に引き続いてCRF250L/Mの定番のメンテナンス、リンク部のグリスアップを行った。



まずスイングアームを外しにかかる。
右側のカバーを取り除くとスイングアームシャフトボルトが見えてくる。
スイングアームシャフトボルトは22mmで締め付けトルクは88N・m
PB195107.jpg



左側 スイングアームシャフト 17mm
PB195101.jpg


先にスイングアームシャフトボルトを少し緩め、後輪が地面に付くか付かないところまでジャッキアップ。
スイングアームシャフトボルトを外し、スイングアームシャフトの先端に細長い金属の棒を当て、
プラスチックハンマーで叩いて引き抜いた。 シャフトにはグリスは付着してないような感じであった。
PB195111.jpg
スイングアームシャフトにウレアグリスを塗って組み付けにかかる。
しかし、スイングアームシャフトが途中から入らない。
両サイドのシャフト穴をよく見ると・・・・・・・・・・

右側
PB195114.jpg

左側
PB195115.jpg
PB195115_20161129193957b4c.jpg
三日月上のズレを発見。
ジャッキハンドルを30度、すなわち1/12回転回すとズレが解消し、スイングアームシャフトが簡単に入った。



このジャッキアップした状態を保持してリンク部を分解する。
PB195104_20161130204628976.jpg
①シャフトは14mm、ナットは17mm 締め付けトルクは44N・m
②シャフトは14mm、ナットは17mm 締め付けトルクは44N・m
③シャフトは14mm、ナットは17mm 締め付けトルクは44N・m
④シャフトは17mm、ナットは17mm 締め付けトルクは73.5N・m



難無く分解終了。 なお①のシャフトを外すために後ブレーキペダルスプリングを外した。
PB195117.jpg



外したパーツすべて。
PB195122.jpg



デルタリンク
PB195124.jpg
PB195125.jpg

スリーブを少し抜くとニードルベアリングが見えてくる。
PB195130.jpg



リングロッド
PB195126.jpg
PB195127.jpg
PB195128.jpg
PB195131.jpg
PB195132.jpg
デルタリンク、リンクロッドにはニードルベアリングが圧入されグリスが塗られていた。
デルタリンク、リンクロッドの各スリーブ、合計4個のスリーブに薄っすらとグリスが付着していたが、更にウレアグリスを塗ることにした。
PB195133.jpg
各シャフトにもウレアグリスを塗り、それぞれ規定トルクで締め付け作業完了した。
但し、④のボルトのみ、周囲のクリアランスがないためトルクレンチの柄が入らず、勘で締め付けた。

作業終了後、バイクに跨ってみたが脚付きは全く変化なし。
この時点で通算1500キロ余り走っていたので、リンク部のパーツが馴染んでいたのか、
ニードルベアリングにはグリスが塗られていたので、今回の作業が意味がなかったのかもしれないが ・・・・・・・・・
とにかく変化はなかった。
CRF250L/Mの生産も初期とは違い、リンク部もアスクルシャフト同様に安定してきているのではなかろうか。

CRF250L/M のアスクルシャフトのグリスアップ

2016-12-05
Top Pageメンテナンス
CRF250L/Mの定番のメンテナンス、アスクルシャフトのグリスアップを行った。
今回の作業のためコーナンプロにてウレアグリスを200円前後で購入した。
PA224786.jpg


前輪・右側
PB055005.jpg
アクスルシャフトは17mmで締め付けトルクは73.5N・m
2個のアクスルホルダボルトは12mmで、それぞれの締め付けトルクは20N・m

前輪・左側
PB055006.jpg


先に2個のアクスルホルダボルト緩めて外した。
次にアクスルシャフトをメガネレンチの緑丸印部分を手で押さえながら、赤丸印部分をプラスチックハンマーで叩いて緩めた。
PB055008.jpg
プラスチックハンマーで数回叩くとアクスルシャフトボルトは簡単に緩んだので、
少なくとも僕のバイクはとてつもないトルクでは締め付けられてはなさそうだ。
規定トルクで締め付けられたのではなかろうか。



その後、前輪が地面に付くか付かないところまでジャッキアップしてアクスルシャフトボルトを完全に緩めアクスルシャフトを抜いた。
PB055010.jpg
PB055011.jpg

外した部品。アスクルシャフト、アクスルホルダボルトなど。
PB055015.jpg
アスクルシャフトにはグリスは殆ど付着してなかった。



前輪
PB055017.jpg

ベアリングが圧入され、その上からダストシールがかぶさっている。
PB055022.jpg
PB055018.jpg
PB055023.jpg
ベアリング、ダストシールにはウレアグリスらしきものが塗られている。
パーツカタログを見るとベアリングの部品番号は 「 ・・・・・・・6202U 」 となっている。



前輪ディスクローター側
PB055025.jpg
ベアリング部にはグリスが塗られているので、アスクルシャフトにグリスを塗る必要があるのかどうか迷ったが、
結局、グリスを塗って組み直し規定トルクで絞めて終了した。



後輪 こちらは右側でアスクルシャフト側で19mm
PB055039.jpg

こちらは左側でアスクルボルトは24mmで締め付けトルクは88N・m
PB055041.jpg


こちらも前輪と同様に馬鹿力で締め付けられておらず、普通に緩めれた。
PB055033.jpg
PB055034.jpg
後輪を外しベアリング部もチェックしようかと思ったが、チェーンを外さなければならないので分解はここまでにした。



外した部品
PB055035.jpg
前輪と同じくアスクルシャフトにグリスを塗り組み直して規定トルクで締め付け作業終了した。

作業後、バイクを押すのが軽くなるか期待して、ガレージ内でバイクを押してみたが変化はなかった。
この時点で、納車後700キロ以上走っているので、部品が馴染んでシャフト部の抵抗が取れているのか、
ベアリング部にはグリスがしっかりと塗られているので、シャフト部にグリスを塗ろうがなかろうが関係ないのかもしれない。
CRF250L/Mの生産も初期の頃とは違うので、工場での組み付けの信頼度がアップしているんだろう。

CRF250Mのオイル交換

2016-04-24
Top Pageメンテナンス
CRF250Mのオイル交換



ドレンボルト 12㎜ トルク24N.m
フィルターエレメントカバーボルト 10Nm
ガスケット 15412-KYJ-901

平成28年11月12日 990km オイル、オイルフィルター交換(販売店にて) オイルはたぶん純正オイル
平成29年2月18日 4186km オイルのみ交換、1.5リットル CASTROL POWER1 4T 10W-40
平成29年3月18日 4950km スポンジ






セロー250のオイル交換

4月23日 681km 1.4リットル CASTROL POWER1 4T 10W-40 フィルターも交換
6月11日 3819km オイルのみ交換 1.38リットル 目盛上限一杯
8月26日 6777km オイルのみ交換 1.3リットル強 目盛り上限一杯
左右にバイクを揺らすとオイルが更に排出されるみたい。
説明書の1.2リットルは、あくまで水平時のみで排出した場合じゃないか。

ドレンボルト 12mm トルク20N.m
オイルフィラーキャップ 14mm トルクなし
フィルターエレメントカバーボルト 10Nm

用意したもの
P4223055.jpg
P4223075.jpg
P4223077.jpg
P4223079.jpg
P4223080.jpg
P4223084.jpg
P4223083.jpg
P4223085.jpg
P4223086.jpg
P4223087.jpg
P4223090.jpg



P4233140.jpg
P4233142.jpg
P4233149.jpg
P4233145.jpg



P4233147.jpg
P4233143_20160424072221c92.jpg

P4233150.jpg
P4233152.jpg


















Designed by yukihirotsutsumi (template: offroadbike)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.