オフロードバイクのメモ書き

淘宝(タオバオ)で買った中華ラジオを開封した

2017-09-26
Top Page工具・機械
淘宝(タオバオ)で中華ラジオを購入した。4PX递四方速递について からのつづき


まずは PANDA/熊猫 T-09
P9097750.jpg
P9097751.jpg
P9097752.jpg
P9097753.jpg
パッケージの中身はラジオ本体、ACコード、説明書。



説明書 ( クリックすると拡大します )
Scan10001_20170925072233ea4.jpgScan1_20170925072234e93.jpg



ラジオ本体
P9097754.jpg

右側面
P9097757.jpg
端子は左から順番に、USB端子、SDカード端子、TF(microSDカード)端子、Φ3.5mm イヤホンジャック

背面
P9097755.jpg
御覧の通り受診周波数はFM 88-108MHz、AM 530-1600KHz、SW 6-12KHz
日本国内のラジオ放送とは周波数が少しずれている。

乾電池の場合は単一乾電池3本必要。
P9097756.jpg



付属品のイヤホン、歌曲入り8G microSDカード、microSD-USB変換器
P9097771.jpg
P9097772.jpg

PANDAブランドのイヤホンなんて日本には絶対売ってないだろう。
P9097774.jpg

歌曲入り8G microSDカードとmicroSD-USB変換器
P9097773.jpg
商品注文時に 『 读卡器 』 は何物やと思っていたが、microSD-USB変換器のことだったんだ!
それにしてもラジオ本体のTF(microSDカード)端子に直接microSDカードを挿せばOKなのに、
どうして付属品の選択肢にmicroSD-USB変換器があるんだろうか ・・・・・・・・・・・
よくわからない。
あとmicroSDカードには374曲入っていた。
曲のファイルはMP3ファイル。ビットレートは192kbps
曲名は同カードの中にExcelファイルが入っており、
すべての曲名と歌手名が明記されていた。
曲目は歌謡曲、民謡、合唱曲など様々であった。



110V→220V変圧器
P9107796_20170917124803030.jpg
P9097775.jpg
P9107790.jpg
中国の家電製品は交流220V仕様なので、日本のコンセントで使うために購入した。



Tecsun/德生 AN-100中波天线(AMラジオアンテナ)
AM遠距離受診のために買った。
P9107780.jpg
AN-100で発注したのにAN-200が送られてきた。
ちょっと調べるとAN-100がマイナーチェンジされてAN-200になったようだ。
AN-100とAN-200は、ほぼ同製品といってもいいようだ。
P9107782.jpg
P9107783.jpg
P9107785.jpg

アンテナゲインダイヤル
P9107788.jpg

アンテナ端子
P9107787.jpg
アンテナ端子のあるラジオなら直接接続が可能。
本物をアピールするためのホログラム入りのシールだろうか??
偽物が横行する中国ならではの対策だろうか??

説明書はなく箱に書いてあるのみであった。
P9107789.jpg



早速ラジオを試してみる。 下の写真はNHK第一 ( 666KHz ) を受信。
右側面ダイヤルを回すと周波数目盛上のバーがギア比1対1でダイレクトに動くので微妙な周波数合わせが難しい。
P9107779.jpg
んー、日本メーカーのポータブルラジオに比べ、感度はイマイチ。
AMは主だった曲は入るが、日本メーカーより若干感度が悪い。
特にSW(短波)は感度が悪くラジオNIKKEI を受信するにも一苦労。
FMは元々住んでいる場所が感度がよくないので評価できない。
スピーカーはモノラルだが、まあまあいい音。



次にデジタルオーディオプレーヤーを試してみた。
P9107777.jpg
付属の374の歌曲も録音状態がよくいい音だと思う。
家にある日本の歌謡曲のMP3ファイルを試してみたが問題なく鳴る。
デジタルオーディオプレーヤーとしては使えそう。
ちなみにイヤホンジャックだけでもステレオかと思って試したがモノラルであった。

以上、ラジオの感度はイマイチだがデジタルオーディオプレーヤーは十分使える。
本体価格3000円と格安なのでコストパフォーマンスは悪くない。

淘宝(タオバオ)で中華ラジオを購入した。 4PX递四方速递について

2017-09-20
Top Page工具・機械
中国の最大のショッピングサイト・淘包网(タオバオ)で中華ラジオを買った。
82904.jpg
機種名はPANDA/熊猫 T-09
AM、FM、短波の3バンドでデジタルオーディオプレーヤーも付いている。
スピーカーはモノラルスピーカー。
大きさは 212×137×64mm
本体価格159元

今回は曲入りSDカードも欲しかったので 『 黑色送熊猫耳机+8G歌曲卡+读卡器 』 付き、
つまり、イヤホン+歌曲入り8G microSDカード+microSD-USB変換器 付きの179元を選んだ。



商品をショッピングカートに入れ購入手続きを行う。

82905.jpg



発送方法は4PX递四方速递を選んだ。
82906.jpg
販売店と直接、送料を交渉する方法もあるが、 ( 上級者向き )
中国語が得意でない人 or 淘宝初心者の人は4PX递四方速递 (4PX dì sì fāng sù dì) を選ぶのが無難。

発送方法で4PX递四方速递を選ぶと、
販売店は商品を中国広東省にある4PX递四方速递の倉庫に送ってくれる。
倉庫に送られた商品は重さを計測され日本までの送料が決定する。
決定した段階でネット上で送料が決済できる状態となる。

店から4PX递四方速递の倉庫までの送料は中国国内送料となり、
今回は 「 包邮 」 、つまり中国国内送料無料の商品を敢えて選んだので
商品代金決済時に送料を支払う必要はない。
4PX递四方速递の倉庫に商品が着いてから日本までの送料を支払えばよい。



後の購入手続きは以下の通り
82907.jpg



クレジットカード決済の場合は3%の手数料が発生する。 
下の画面の通り、商品代金の179元と手数料5.37元徴収された。

82908.jpg
現地の人は支付宝(アリペイ)で決済して手数料なしで購入しているが、
支付宝決済するには現地の銀行口座が必要であり、
淘宝初心者の人はクレジットカード決済するのが楽だろう。



上手く決済されれば以下の画面が出てくる。

82909.jpg



同時期に 变压器220转110V 110V转220V电源 ( 110V→220V変圧器 ) と
Tecsun/德生 AN-100中波天线(AMラジオアンテナ) も購入した。
もちろん、この2つの商品も4PX递四方速递を選択した。

AN-100 は日本のAmazonでも売っている。
82602.jpg
82601.jpg



ラジオと変圧器とAMラジオアンテナが広東省の4PX递四方速递の倉庫に到着し、
注文した3つの商品が 『 支付转运费 』 、直訳すれば 「 送料を払ってください 」 、
つまり送料がネット上で決済できる状態になった。

90201.jpg



荷物の詳細画面
90202.jpg
赤矢印が各商品の重量で合計で2.32キロ(紫矢印)。 合計の送料は69元。
4PX递四方速递の日本までの送料は1キロまで39元。
1キロを超えると0.5キロ毎に10元かかってくる。
緑矢印が各商品の無料倉庫保管残日数である。
20日まで保管料が無料で、それ以降は1商品、1日毎に1元の保管料がかかってくる。
以上の通り、4PX递四方速递はタオバオ内の複数店で買い物する時に便利で、
20日まで保管料が無料なので、その間に欲しいものを追加することができる。
但し倉庫に先着した商品の送料を先に決済してしまうと、その商品だけが送られるので、
全ての商品が倉庫に到着した時点で決済しなければならない。



以下の通り、送料の決済を行った。
90203.jpg

送料69元と手数料2.07元をクレジットカード決済した。
90204.jpg







そして商品が日本に到着した。 今回の国内運送はヤマト運輸が代行していた。
商品総額16666円以下なので消費税などの税金は一切かからない。

P9097739.jpg





参考までにAMラジオアンテナ( AN-100 ) の荷物追跡は以下の通り
7852.jpg
8/25  インターネットで商品発注
8/26  上海の販売店より商品発送
8/29  広東省东莞市の4PX递四方速递倉庫の到着し、アンテナは日本へ発送できる状態になる。
9/2 遅れてラジオ、変圧器が倉庫に到着し、3つの商品が揃ったので合計送料69元を決済。
9/4 倉庫より発送。
9/6 広東省・深圳の税関を通過。
9/7 日本に到着し税関通過待ち。
9/9 自宅に荷物到着。




パッケージを開けると、予想通り、ラジオ、変圧器、AMラジオアンテナの3つの包みが出てきた。

P9097745.jpg
それぞれの商品の宛先は、
僕の名前、そして僕の住所ではなく倉庫の所在地 ( 广东省东莞市 沙田镇 西大坦启盈国际快件中心15#递四方F集运仓 )
が書いてある。
一応、それぞれの包みの重量を測ると、
ラジオは
1243グラム、変圧器は409グラム、AMラジオアンテナは671グラムであった。
4PX递四方速递の倉庫で測った重さとほぼ同じであった。



そして、それぞれの包みを開けると商品のパッケージが出てきた。
二重梱包なので開封するのが結構面倒だ。
P9097750.jpg
P9107796.jpg
P9107780.jpg


淘宝(タオバオ)で買った中華ラジオを開封したへ続く




CRF250L/Mのクランクケースからのオイル漏れ

2017-09-12
Top Pageバイクメンテナンス
7月のある日、エンジンの下回りをチェックしてみると右クランクケース側のオイル漏れを発見。
P7087178.jpg
P7077169.jpg



まずは素人の思い付きで右クランクケースを固定している11個のボルトを絞めなおすことを試みた。
P7077171.jpg
正確に規定トルクがかかる様に、一度、すべてのボルトを外しグリスを塗って、再度締め付けることにした。
右クランクケースはガスケットで固着気味になっているので、
11個のボルトを同時に取り除いても右クランクケースは外れないと思われるが、
念のため1個づつ取り除いて、その都度、ボルトにグリスを塗り、3Nm のトルクで1個づつ組み付けた。
そして、丁度エンジンオイル交換の時期に重なったため作業前にオイルも抜いた。



このボルトの規定トルクは10Nm であるが、実際に緩める時、かなり低いトルク値で解ける感触であった。
解く時のトルク値はチェックしてないが、少なくとも10Nm には達してないだろう。

外したボルトは以下の二つのタイプがあった。
全体の7割は一見、グリスなど何も付いてない状態のもの。
残りは液体ガスケット or 溶剤 ?? らしきものが焼き付いた状態であった。
P7077173.jpg
P7077176.jpg



御覧の通り、ボルトの接触部分全てにウレアグリスを丁寧に塗り、再度、組み付けた。
P7077173_20170713070614a03.jpg



クランクケースのボルトが接触する部分も、スムーズにトルクが掛かるように清掃しておいた。
P7077175_201709122207309ff.jpg



教科書的にはクランクケースは対角線でボルトを締め付けるのが正しい方法みたい。
ボルト数が多く、間違っても困るので予め図面でボルトを締め付ける順番を決めておいた。
Scan1_201707130700016d0.jpg
図面の順番で3Nm → 5Nm →7Nm →9Nm →10Nm と締付け、作業完了した。



それから約20日後、アンダーカバーを外しチェックしてみると、
右クランクケース裏側から突出するパーツの先端からオイルが漏れているのを発見!!
一応、オイル量窓からオイル量をチェックしたが全く減ってない。
しかし漏れているのは明らかだ。
P7317355.jpg
旅先での出来事たったので、たまたま近くに止めてあった盛岡ナンバーのCRF250L(初期型) を見せていただくと、
これも同じ症状であった。



結果的に今回のオイル漏れは右クランクケースのガスケット部分の緩みは全く関係なかった。
右クランクケースの11個のボルトを絞め直しても無駄な作業となってしまった。
絞め直す前に、オイルの漏れで汚れた周囲をパーツクリーナーで完璧に清掃して、
漏れてる箇所を見極めるべきであった。
ちょっと調べると、このタイプのオイル漏れはマイナー前のCRF250L/M ではよく起こる現象で、
メカニカルシールとオイルシールの不良によるものであった。

オイル漏れの原因がはっきりわかったので販売店に見てもらうことにした。
保証の範囲内で修理可能ということで、部品の手配が完了した翌週に再度販売店に行く。
メカニカルシールとオイルシールのみの交換かと思っていたが、
右クランクケースも交換し2~3時間で作業完了した。
そして右クランクケース交換作業のためにエンジンオイル、冷却水もすべて交換となった。



右クランクケース交換後
P8267711.jpg
P8267713.jpg
P8267716.jpg
P8267714.jpg
これでオイル漏れは解決するだろう。
しばらく走って再度チェックしてみようと思う。

Designed by yukihirotsutsumi (template: basic_white1)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.