オフロードバイクのメモ書き

CRF250L/M のサービスマニュアル(洋書)をゲット

2017-06-21
Top Pageメンテナンス
今年の2月に CRF250 RALLY が発売された。
同時に CRF250L/M もマイナーチェンジを受け、デザインとエンジンセッティングが一新された。
よって昨年の10月にゲットした僕の CRF250M は早くも旧モデルとなってしまった。
これからはホンダのCRF250グループは、おそらく CRF250 RALLY が中心となって動いていくので、
マイナー前の CRF250M なんかは蚊帳の外。
そういう焦りもあり、マイナー前の CRF250M 用のパーツ、整備書の在庫がなくなってしまうんではないかという不安に駆られ、
前々から目を付けていたCRF250L/M のサービスマニュアル(洋書)を速攻買うことにした。
※ホンダから純正のCRF250L/Mサービスマニュアルがあるが20000円以上なので高くて買えない。



このサービスマニュアルは CRF250L/M 専用ではなく CBR125/250R も載って合計4車種載っている。
本の正式な名前は Haynes HONDA CBR125/250R CRF250L/M SERVICE & REPAIR MANUAL 。
インターネットでは Amazon.com と ebay で売っていた。



Amazon.com でのサービスマニュアル
63.jpg



ebay でのサービスマニュアル
7790.jpg



Amazon.comebay を送料込みで比べたら ebay の方が安かったので3月23日の晩に発注。 4月4日に到着した。
P4045817.jpg
P4045818.jpg
P4045821.jpg
P4045822.jpg



中身はザクッと以下の通り。
Scan1_2017062008234492d.jpgScan10001_20170620082346546.jpgScan10002_2017062008234766f.jpg
Scan10003_20170620082349647.jpgScan10004_201706200823427fc.jpgScan10005_201706200823437d7.jpg
本の紙質は殆どわら半紙で写真も殆どが白黒。 ページ数は272ページと分厚い。
CBR125/250R に重点が置かれてるわけではなく4車まんべんなく説明されている。
共通の整備方法の場合は、まとめて説明されており、個別の車種に説明が必要な場合は省略せず書かれている感じだ。
ただ御覧の通り、すべて英語なので自称・英検3.2級の僕にとって解読は難しい。
ただネジの締付推奨トルクも書かれているので少しは役に立つかも ・・・・・・・・・・・・

英語に自信があり純正のマニュアルが高過ぎて手が出ない人は、
是非、この3000円強のマニュアルをゲットされてはいかがでしょうか!

ある旅館の貧乏飯

2017-06-14
Top Pageツーリング
桜も終わりかけの頃、電車でも車でも行ったことがなかった広島県の山奥へバイクで出かけた。
宿は前日に電話で予約。

夕方5時前に宿に着くと、すでに晩飯は作り置きしてるではないか。
本日の宿泊客は僕を含め6人。宿の規模からして決して多い人数ではない。
僕は晩飯を6時に食べたが、もう一組の客は7時半頃。作って3時間後に食べた晩飯はさぞ味気なかっただろう ・・・・・・・・
P4225916_20170612074515b9d.jpg

そして翌朝、嫌な予感が的中。
P4235919_20170612074514af1.jpg
朝食はこれポッキリ!!
低料金の宿とはいえ究極の安宿ではない。 参った(苦笑)



今回は前日にふっと決めて思いつくままツーリングした。
往きは山陽側をトコトコ走り福山から北上。
途中、国道2号線・相生~岡山間のトラック運転手御用達の店を探したが、ここも大手コンビニの波に押され殆ど壊滅。
20~30年前とは様子が違う。唯一、生き残ったラーメン屋に入ったが、これがなかなかの美味。
土曜日はセール日ということで大盛600円とコストパフォーマンス最高であった。
P4225875.jpgP4225874.jpgP4225869.jpg
P4235923.jpgP4225890.jpgP4225899.jpg
P4235936_20170614063659b47.jpgP4235931.jpgP4235954.jpg
山間部では遅ればせながら桜が満開。
某ローカル線探索を行い帰路に就いた。
2日間の合計走行距離349.5+367.7=717.2キロ

モネの池に行ってきた

2017-06-08
Top Pageツーリング
訪問日 平成29年5月2日



5月のゴールデンウイークに口コミで広まった岐阜県関市のモネの池を訪れた。
いつものバイクではなく新しい新車・新型ワゴンRで行った。
モネの池の詳しい説明は別サイト任せるとして、とにかくこの美しいモネの池を御覧あれ。
P5026119.jpg
P5026105.jpg
P5026118.jpg



デジカメのアートモードで撮ってみた!!
P5026123.jpgP5026124.jpgP5026125.jpg
P5026126.jpgP5026127.jpgP5026128.jpg
P5026129.jpgP5026130.jpgP5026131.jpg
モネの池の見学の後、車を10分走らせて蕎麦屋に行き定番のざるそば定食を頼んだ。
この付近は蕎麦屋が多く、どこの店も手打ち蕎麦が食べれそうだ。
もちろん今回入った店も手打ち蕎麦でコシが十分ありチェーン店で食べる蕎麦とは一味違った格上の歯ごたえで、
数種類の小鉢が付いて高級感もあり十二分に満足した。

その後、この付近を流れてる板取川を散策。特に上流の川浦渓谷は水がエメラルドブルーでモネの池を含め一日中楽しませてもらった。
5月末からモネの池のスイレンが咲き始め最盛期を迎える。付近の国道256号は大渋滞となるなので今度はバイクで行ってみようと思う。

◎本日の総走行距離 511.2km

Designed by yukihirotsutsumi (template: offroadbike)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

Copyright © 涼 All Rights Reserved.